« フェアプレーの大切さ | トップページ | ファン重視だからこその提言 »

2017年3月20日 (月)

宇野沢祐次がもたらす「一体感」

昨日のゲームは3-0で勝利した長野パルセイロ。



スコア的には快勝かもしれないが、流れの悪い時間帯があるなど、改善すべき点もあった。しかし「改善すべき点はある」と言っても、昨年とは意味合いが全く違う。昨年は「どうするべきなのか…」であったが、今年は「もっと良くなるために」という前向きな改善点だ。



Img_1080_2




そんな昨日の試合で、最も大きな仕事をやってのけたのは宇野沢祐次だった。昨年は6試合0ゴールと、長野に移籍してからワーストの成績で終わり、周囲どころか本人すらも「終わり」を覚悟した。しかしGMとして帰ってきたミノさんは「このクラブに絶対必要な男であり、彼抜きのクラブはありえない」と考え、今季も契約を結ぶに至った。



開幕戦こそベンチ外であったが、ホーム開幕戦となったこの試合では、満を持してのベンチ入りとなったウノ。そして71分、ついに出番の時がやってきた。しかしこの時間帯は、ラインを上げられず相手に押し込まれる苦しい展開が続いていた。こんな難しい時間帯だからこそ、ベンチは「ピッチ上に安定をもたらしたい」と考え、ウノの投入をチョイスした。



浅野監督も「彼がいるといないでは全く違います」と試合後に話したとおり、宇野沢投入後の長野は変わった。ベンチとしては当然ゴールという結果も欲しいところであったが、それ以上に「安定、安心」をもたらすことをまず求めたが、選手はウノの登場により、間違いなく「スイッチ」がはいった。そしてピッチの選手を後押しするサポーターも、宇野沢登場にボルテージは一気に上がった。そして登場から6分後に、宇野沢自身だけではなく、このクラブに関わる人、全てが待ち望んだシーンを迎えた。一度は跳ね返されたシュートを再び押し込み、約1年9ヶ月ぶりのゴールがホームスタジアムで生まれた。

ピッチ上の選手は「ウノさんがゴールを決めたんだから、絶対にこのまま勝つ!」と、それぞれ強い気持ちを持ったし、それにより厳しい時間を乗り越えることも出来た。さらにその結果として、最後に佐藤悠希のゴールも生み出すなど、ベンチが想像した以上の効果を生み出した宇野沢投入。

Img_1086_2




しかしこれこそが、美濃部GMが「必要な選手」と言った根底にある部分でもある。彼は単なるストライカーなのではない。このクラブにおいては、唯一無二の精神的な柱でもある。彼が練習であろうと、試合であろうと、ピッチに立てば空気は変わるもの。昨年のことについては、もう今更なのでなにも言わない。ウノにしてもチームにしても「そんな時間はあるもの」なのだから。しかし今は、美濃部GMも浅野監督も「いるだけで空気を変えられる選手」と考えている。スタメンで使うのか? それとも今回のように「スーパーサブ」としての起用になるかはわからない。しかし監督にとっては、背番号10は特別な存在であり、どんな時でも「やってくれる」という強い信頼がある。

確かに冒頭に書いた通り、決していい内容ではなかったこの試合。しかし、宇野沢という柱が苦しい状況で入ったことで、チームに今年のスローガンである「一体感」というものが生まれた長野。宇野沢祐次の復活とともに、今年の長野は「違う」ということは確実にアピールできたはずだ。

« フェアプレーの大切さ | トップページ | ファン重視だからこその提言 »

J3リーグ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/65045075

この記事へのトラックバック一覧です: 宇野沢祐次がもたらす「一体感」:

« フェアプレーの大切さ | トップページ | ファン重視だからこその提言 »