« 2013年12月22日 - 2013年12月28日 | トップページ | 2014年3月9日 - 2014年3月15日 »

2013年12月29日 - 2014年1月4日

2013年12月29日 (日)

バドゥ、京都サンガの監督へ

京都サンガの新監督に、噂通りバルディエール・バドゥ・ビエイラ氏の就任が決まった。

かつては「ジョホールバルでのイラン代表監督」という印象が強かったバドゥだが、今では「長野パルセイロの基礎を作った人」という印象の方が強いかも知れない。昔の話になってしまうが、Jリーグを目指す! と、長野エルザ(現パルセイロ)が明確に表明した2006年の途中(6月)に監督としてこの地にやって来た。元代表監督の肩書きを持つ世界的指導者が、Jリーグどころか、JFLよりも下の地域リーグ(北信越リーグ)の監督となったのは、どんな補強よりも強烈な印象を与えたものだった。

P7230144

そして就任当時、なぜこのクラブの監督を引き受けたのか? と聞いた時に帰って来た言葉はこんなものだった。

「これまでに指導者としていろいろなチャレンジをしてきました。日本の皆さんからすれば、私がイラン代表監督をしていた時のことは覚えていてくれていると思います。その他にも、オマーンやコスタリカなどでもナショナルチームを指導し、その他にも中東を中心に、いろいろなクラブでも指導者としてやってきました。

そんな中で今回、長野というこれから成長していこうとするクラブからオファーをいただいたことは非常に光栄です。これまでに、代表監督やアジアの舞台で戦うクラブチームの監督としての経歴はありますが、自分のチャレンジの中で「育てる」ということはあまりなかったので、それが出来ることがオファーを受けた大きな要因の一つになりました。

日本はワールドカップにも出場し、Jリーグというリーグも素晴らしいレベルになるなど、どんどん成長していますが、まだこの長野のクラブは『これから』のクラブです。だからこそ、強くして行くだけではなく、地域全体の盛り上がりを含めて『育てる』ということをやって行きたいです。よく、ギャラ(年俸)はいくらなんですか? と聞かれますが、私はそんなにもらっていません。私が長野というクラブに魅力を感じたのは、金額ではなく、『育てる』ということの手助けを出来ることと、妻(エリカ夫人)が、この街の美しい自然を気に入ってくれたことが決め手となりました。

これから、私と一緒に長野エルザを大きなクラブにして行きましょう」

_8053410

そしてこれから2年後の2008年シーズンで、長野パルセイロ(2007年に現在の名称に変更)は北信越リーグ優勝、そしてこの年秋田で行われた全国社会人サッカー大会でも優勝するなど、バドゥが目指す「魅力的な攻撃的サッカー」は、全国的にも評価されようとしていた。だが、肝心の地域決勝ではリアリティ(勝つこと)だけを目指すサッカーの前に敗れ去り、結果的に2009年シーズン限りでバドゥは長野を去ることとなった。

しかしだ、この結果を見てバドゥがダメな指導者だったのか? という判断をしてはいけない。2011年から長野パルセイロはJFLに戦いの場を移したが、3年間の成績は2位、2位、優勝と、抜群の安定感を見せつけているが、その(攻撃サッカーの)基礎を築いた人こそバドゥであることは絶対に否定出来ない事実である。まだ地域リーグ時代だった頃にすでに見せていた、完成度の高い攻撃的3-4-3システムなどは、明らかにその他の地域リーグとの「質」が違っていた。そしてもう一つ、バドゥから薫陶を得た諏訪、大島、高野、大橋、野澤といった選手が、今なおパルセイロの主力として頑張っていることを見逃してはいけない。「育てる」ということに、監督としてのやりがいを求めたバドゥにとって、これらの選手が今なおチームの主力として活躍していることこそ、まさに成果なのではないだろうか?

Img_4081

今年、美濃部監督を迎えて、さらにグレードアップした結果として優勝したパルセイロであるが、もしこれまでの「土台」がなかったら、その結果がどうなっていたかはわからない。いや、たとえ美濃部監督が指導していたとしても、いきなり「結果」を出すことは難しかったであろう。また、薩川前監督は今季、琉球の監督に就任したのだが、確固たる「土台」のなかったこのチームでは、思うような結果を出すことは出来なかった。

バドゥという偉大なる先駆者がいたからこそ、今の長野があると言っても過言ではないと思うのだ。

そして昨日、京都サンガより、公式に監督就任のリリースされたのだが、再び日本でのチャレンジが見られるのはなんとも嬉しいこと。しかし、長野と京都では求められるものが違うし、環境も全く違う。京都では「育てる」ということ以上に、「結果」が求められることになるのだが、彼が求める攻撃的サッカーは、大木前監督が作って来たサッカーと共通する部分も多いので、これらを土台として、いいチームを必ず作ってくれるはず。

Img_6149

来年で70歳という年齢になるが、この年で新しい「チャレンジ」に挑むこととなったバドゥの成功をお祈りしたいところ。そしていろいろな意味で長野との縁の深い松本(アルウィン)にバドゥが帰ってくることも、昔を知る人間にとって、なんとも感慨深いことである。J2屈指のサポーターに成長した、松本のサポーターが、バドゥをどう「お迎え」するかにもちょっと気になるところでもある(笑)

« 2013年12月22日 - 2013年12月28日 | トップページ | 2014年3月9日 - 2014年3月15日 »