« ダービーならぬ「夢のBruder対決」 | トップページ | 北野監督の下で変わる木島良輔 »

2013年4月27日 (土)

第47回全国自衛隊サッカー大会

今週の月曜日から始まった第47回全国自衛隊サッカー大会。正直な話、大会の知名度はお世辞でも高くはなく、会場によっては一般の方が見ることが出来ないなど、今ひとつメジャーにならない要因はあるのだが、試合の方を見てみると以外にも面白い。

今回も24チームが出場したこの大会。3チーム×8ブロックのグループリーグに、各ブロックの1位チームのみが進む決勝トーナメントという形式で、準々決勝までが35分ハーフで、準決勝以降から45分ハーフの通常ルールが用いられており、出場チームの顔ぶれを見ると地域カテゴリーの関東リーグ2部に所属する海自厚木マーカスを筆頭に、その他のチームはおよそ県リーグの1部から2部相当の実力を持ったチームが揃っている。

ただ、やはり大会において上位を独占しているマーカスに、(海自)厚木なかよし、空自入間第3補給処(FC 3DFPC)、大村航空基地FC、海自那覇、さらには海自下総と言ったチームは、かなり練習を積んでしっかりとしたベースを持つチームに作り上げてきており、他の参加チームとの「差」をしっかりと見せつけてくれた。

そんな中で、昨日は駒沢オリンピック公園の補助グラウンド、第二球技場で準々決勝の4試合が行われたが、上記にあげたチーム同士の戦いは、最後まで拮抗した戦いとなり、そうでない試合はやや力の差を感じてしまう結果となった。

Img_0638

さて、昨年は4回目の決勝進出であったが、またもマーカスの前に苦杯を喫してしまったFC 3DFPCは、準々決勝で同じく埼玉県の熊谷空自と対戦。FC 3DFPCといえば、プレイングマネージャーであり、今でも中心選手である7番の熊谷哲平の存在抜きには語れない。知っている方もいるだろうが、彼は関東リーグ2部に所属する「大成シティFC坂戸」の監督でもあり、かつてはザスパ草津の前身であるリエゾン草津でプレーしたのちに、シンガポールに渡ってプロ選手として活躍した経験も持っている。

シティの監督であると同時に、自衛隊員の顔も持ち、そしてこのチームの精神的支柱として、若い選手を引っ張る存在でもある熊谷。

Img_0662

そして試合の方だが、大方の予想どおり、実力で勝るFC 3DFPCが、空自熊谷陣内に一方的に攻め込む形でゲームは進む。空自熊谷は、相手の速いパス回しについて行けず、守備ラインが完全に混乱。ここでFC 3DFPCが早い時間で先制点を奪えていれば試合の流れはその場で決まってしまったはずだったが、最後のフィニッシュが決まらず、少しイヤな雰囲気が漂い出す。

すると15分過ぎから、空自熊谷はボランチ1枚が最終ラインにまで戻って、5バックのような形をとり、さらに中盤のアタッカーもしっかりブロックに入るなど、守備面で落ち着きを取り戻していく。そうなると今度は、FC 3DFPCがパスの出しどころを失い、逆に奪われてカウンターでピンチを招くシーンも生まれてしまう。

序盤の優位な展開のイメージが強かったのか、短いパスを繋いで中からこじ開けようとし続けたFC 3DFPC。しかし、中の守りをガッチリ固めた相手の前では「効果的」とは思えない攻撃の連続で、自滅のような形で前半を無得点で終えてしまう。

空自熊谷としては理想的な展開だったかもしれない。しかし、FC 3DFPCにとってはなんとも言えない難しい試合になってしまった。だが、一瞬の連携ミスが試合の流れを一変させていく。

Img_0698

後半10分(ぐらい)、空自熊谷のDFとGKが痛恨の連携ミス。ここをFWの真木(米子北高校で全国大会出場経験あり)が逃さず詰め、待望の先制点を奪う。ここまで、しっかり守りを固めて、少ないチャンスで活路を開いてきた空自熊谷だが、この失点で集中が切れてしまい、再びFC 3DFPCの攻撃に翻弄されてしまい、熊谷→真木の連携から立て続けにゴールを奪い、試合を3-0として勝利をほぼ手中にする。それにしても、ゴールを決めた真木の働きも良かったが、ベテランらしい正確なラストパスを入れた熊谷の働きは「さすが」の一言。

これで無失点で終わらせれば最高だったのだが、空自熊谷も最後に意地を見せて1ゴールを奪い、結局ゲームは3-1でFC 3DFPCが勝利。

ただ、内容的には点差以上の差があったこの試合。FC 3DFPCにとっては、若い選手が引いた相手に対して、もっと落ち着いて対応し、さらには攻撃の形をもっとワイドにしていれば、ここまで苦戦しなかったかな? と思えるこの試合。

Img_1391

プレイングマネージャーの熊谷も「若さが出てしまいました。もっと落ち着いてやれば出来るはずなんですが…」と語ってくれていた。

Img_0729

そしてこの試合の後に行われた海自下総と滝ヶ原の試合は、3-4-3(3-4-2-1)システムでゲームに挑む下総が力の違いを見せつけ8-1と滝ヶ原を一蹴。しっかり組織された3バックは、守備となった瞬間にサイドが下がって5バックになるなど、「優勝する」という意気込みが伝わる本気モードのチームであると感じさせてくれた。

Img_0801

この2試合を見ていた関係で、第二球技場で行われていた別の準決勝2試合は見なかったが、こちらの会場は大会の上位常連チームが揃ったこともあり、かなり拮抗した試合となったようで、マーカスも楽勝とまでは行かなかったし、厚木なかよしも辛くもPK戦で準決勝進出を決めた。

---------------------------------------------------------

これにより、準決勝のカードは厚木マーカス vs 厚木なかよしという、「兄弟対決」が実現。また、悲願の初優勝を狙うFC 3DFPCは難敵、海自下総と激突。

本日の試合は一般観戦は出来ないが、明日、西が丘で行われる3位決定戦、そして決勝戦は見ることが出来るので、ぜひとも足を運んでみてはどうだろうか?

J1リーグや欧州のトップリーグと比べてしまうとレベルは一目瞭然だが、若い選手から、かなり年齢はいってますよね? と思う程のベテラン選手が、最後まで必死なプレーを見せるこの大会。プロとは違う「アマチュア」の白熱したゲームを見るのも意外に面白いものですよ。

« ダービーならぬ「夢のBruder対決」 | トップページ | 北野監督の下で変わる木島良輔 »

地域リーグ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/57256304

この記事へのトラックバック一覧です: 第47回全国自衛隊サッカー大会:

« ダービーならぬ「夢のBruder対決」 | トップページ | 北野監督の下で変わる木島良輔 »