« 2011年3月20日 - 2011年3月26日 | トップページ | 2011年4月3日 - 2011年4月9日 »

2011年3月27日 - 2011年4月2日

2011年3月28日 (月)

天皇杯予選、大勝スタート

群馬県サッカー協会長杯
予選トーナメント1回戦@高崎経済大学グラウンド
ザスパ草津U-23 12-0 板倉クラブ 
[得点者]
6・12・26分藤崎、11分森川、30分枝本、33分宮下、
43・67分吹田、50・53分白井、57分横山、70+2分成田

2011天皇杯出場への道がスタートしたザスパ草津U-23。初戦の1回戦は高崎経済大学グラウンドで行われたが、終始相手を圧倒して2回戦に駒を進めた。

[U-23スタメン]
ーーー藤崎ー森川ーーー
ー清水ーーーーー宮下ー
ーーー枝本ー市川ーーー
西野ー川瀬ー安田ー飯山
ーーーー後藤ーーーーー

※公式戦の背番号
1:島並、2:横山、3:川瀬、4:成田、5:飯山、6:清水、7:市川、8:枝本、9:森川、10:宮下、13:西野、14:吹田、15:白井、16:安田、19:藤崎、21:後藤、22:笠原(歌丸くんはベンチ外だったため番号は不明→たぶん11or18)

U-23のキックオフで始まった試合だが、開始早々から相手を圧倒。いきなり清水がゴール前までボールをドリブルで運ぶとたまらずファール。FKのチャンスを得ると、ここは清水が右足一閃。第一試合を終え、後ろで見ていた高経大の選手が「スゲー!」といったほど美しいボールがゴールを襲うがここは惜しくもポスト。

Img_0413

6分に「最古参」藤崎がゴールショーの幕を開けると、11分には宮下からのスルーパスに森川がきれいに抜け出して2点目を奪い、12分にも藤崎がこの日2点目をゲット。その後も完全に相手を圧倒するのだが、デコボコな土のグラウンド状態に悩まされ、細かいパスが繋がらない場面も目に付いていく。さらには実力差のある相手に対して、ややボールを持ちすぎるシーンも出てしまい、確実に決められるチャンスを逃してしまう。

Img_0393

そんなやや消化不良の時間帯を迎えた中で、17分、カウンターから初シュートを浴びると木村コーチから「シンプル!」という檄がベンチから飛ぶ。

圧倒しているものの、「もうちょっと回せば簡単に点が取れるだろうに…」と思う時間帯を迎えたが、25分を過ぎると相手の運動量も下がり完全に自陣に沈黙。すると26分に藤崎がハットトリックを達成すると、枝本、宮下もゴールを決め、大量6点のリードを奪って前半を折り返す。

Img_0432

しかし、ベンチに戻ってきた選手たちに対して、木村コーチ、植木GMに笑顔はない。実力差のある相手に対して、もっと違うやり方、スマートなやり方があるだろう…と。木村コーチの「喝」が飛び、神妙な顔つきになる選手たち。

Img_0469

そして後半は、ベンチ入りの選手全員を入れ替えてスタート

ーーー藤崎ー吹田ーーー
ー白井ーーーーー横山ー
ーーー枝本ー市川ーーー
川瀬ー安田ー成田ー西野
ーーーー島並ーーーーー

後半は前半より、簡単にはたくサッカーを心がけ、前半以上に相手を圧倒。1分にいきなり白井が切れ込みペースを掴むと、8分に吹田が後半最初のゴールを決め、試合を決定づける。

Img_0550

さて吹田だが、身長はチームで一番低く、同じ年のマイケル(歌丸)と比べたら「大人と子供」という感じだが、彼のプレーには西野同様大きな可能性を感じさせる。子供のような身長だが、重心が低くバランスもよく、切り返しの早い高速ドリブルが持ち味。ゴール感覚も優れており、一日も早く「草津版メッシ」となれるよう、フィジカル強化に今以上のボディコントロールに磨きを掛けて欲しいところだ。

また、白井と川瀬も後半に光を見せたプレーヤーだ。
白井は「とにかくゴール狙います!」という姿勢を終始見せ、9点目となった53分のゴールはこの日一番のゴールとなった。右サイドからの西野のクロスに右アウトで流し込んだものだが、かなり美しいゴール。自己紹介でよく「すべる」拓路だが、今日は「デキル男」をアピール(笑)

Img_0517

そして、前半はセンターバックで、後半から左サイドバックに入った川瀬だが、後半は果敢なサイド突破を何度も見せ、成長した姿をアピール。高さもあり、今年はCBに入ることが多くなったが、持ち味の攻撃力を活かすためにもSBでの起用をもっと見てみたい。そのためには、最年長のナリの奮起がどうしても必要なのだが…

試合は11点を奪いロスタイムに突入。残り時間もラストワンプレーという時にCKのチャンス。そんな最後の最後という場面に、ナリ最大の見せ場がやってくる。イチから蹴られたボールに「利き足は頭です」という男のヘディングが爆発。見事にCKからのボールを頭で叩き込み、12-0として試合終了。

Img_0578

相手とのレベル差を考えれば、やや不満な場面もあったが、被シュートを前半の1本だけに抑えたことは評価していいだろう。あとは、木村コーチのいう「シンプルなサッカー」がどこまでやれるかという点と、土のグラウンドへの対応を高めたいところ。

次の予選2回戦の相手は、キャプテンであるイチの前所属先である藤岡キッカーズ。ぜひとも、成長した姿をお世話になった人たちに見てもらえるようなプレーを期待したい。

Img_0542

-------------------------

さてこの試合で、森川が2点目を挙げ、ベンチに向けてアンダーシャツを見せるパフォーマンスを見せたが、今月でチームを去るマテウスへのメッセージであった。

Img_0478

昨年、高校卒業後にチームに加入。最初は「勝手なプレーばかりだなあ…」と思ったマテウスも、1年でチームプレーを身につけ選手としても人間として大人に成長。一旦ブラジルに帰国した後に、5月から中国でプレーするとのこと。

Img_9646

草津で学んだことを忘れず、新天地でもっと頑張ってほしい!
ありがとう、マテウス!!

« 2011年3月20日 - 2011年3月26日 | トップページ | 2011年4月3日 - 2011年4月9日 »