« 信州ダービー・加藤監督会見 | トップページ | 総理大臣杯決勝は中大vs大体大 »

2011年7月 6日 (水)

信州ダービー・薩川監督会見

<長野パルセイロ・薩川監督試合後コメント>
※一部の比喩的な言葉づかい、雑談のたぐいなどは割愛させていただいております

結果の通りね、(相手が)1人少なくなった状態で、1-1に追いつかれたことは(ウチが)勝負弱いというか、向こうの(勝負)強さをハッキリわかった試合じゃないかな?

Img_0113

まだまだウチの選手は甘い。勝負を決められるチャンスがありながら、選択を誤ったり、決めきれなかったところがウチのチームの勝負弱さだし、(相手は)あの1点を10人の中で向こうに入れられてしまうところなんて、ウチのDFがいけないんじゃないかな? まあこれでね、(これまでの試合を含めて)ロスタイムで取られてしまったのは4失点目なので、なんか(選手を)替えなきゃいけないのかな? とも思っています。

------------------------------------------------

〜以下質疑応答〜

<後半相手に押し込まれたが>
うーん… なんだろうね、足止まったよね。一人多いとは思えないサッカーをやってしまった。そう言った意味でも、向こうの方がやっぱり一枚上なのかな?

前半は(ウチが)別に飛ばしているという印象はなかったし、0-0でもいいと思っていた。それで後半勝負かなあと思っていたんだけれども、前半で退場者が出たので後半は圧倒できるだろうし、チャンスも来ると思った。そんな中で、後半は2回ぐらい決定機があったんだがね… 向こうはロスタイムまで耐えながしっかり戦ってきていたし、そう言った意味でチームとしての総合力もそうだし、個の力としてもやっぱり上だったのかな。

<失点シーンについて>
しょうもない失点だね。ウチのDFが2人いて、相手は1人という状況なのに簡単に入れられてしまうし、後ろもドフリーでしょ? あれは入るでしょうよ?

あの場面はね、DFは(集中が)抜けてたと言わざるを得ない。あと、どうしても気に入らないのが、ディフェンスラインでしっかりコーチングしている選手がいなかったこと。選手が「おこさま」というか、優しいんだよね…

人を怒れないことって、自分に自信がないことの裏返しだと思うし、練習からもっと選手間で厳しい言葉をかけあわなきゃいけないと思っているんだが、そんなことも出来ないようではJを目指す選手にはなれるわけがない。今のままでは限界が来ているのかもしれない。だからこそ、もっと危機感を持ってやるべきだし、選手だけではなく、指導者も変わらなければいけないと思う。

確かに、地域リーグ時代より進化はしていると思うけど、毎回追いつかれているし、やってはいけないミスを何度も繰り返してしまっている。選手たちがね、失点してしまったり、同じミスをしてしまったら替えられるという危機感を持たなきゃいけないんだが、それが出来ていないのであれば何かを替えなければいけない。

地域リーグ時代からの選手が多い今のチームだけれども、そろそろ新しい選手を使って変えていかなきゃいけない時期に来ているのかもね。

<選手交代について>
土橋に関しては、足がつっていたので、中盤でしっかり相手を潰せる浦島を選んだ。ダイゴ(冨岡)に関しては、途中から入ったんだけれども、接触プレーで頭を打ってからはボッーとしたままになってしまい、ちゃんとした判断ができなくなっていた。ただね、ピッチに出ている以上は、痛いとか、フラフラするからというのは、全て言い訳だと思っているし、出ているからにはちゃんとやらなきゃダメだと思っています。そういうところは、僕は厳しいですよ。

出来ないのであればね、さっさと自分からピッチを出ればいいんですよ。あんなフラフラしている状況だから、終盤でチャンスがあったときに周りがちゃんと見えていなかった。あの時ね、決める・決めないはともかく、向に出していればGKと1対1の状況になったんだけれども、それが見えていなかったし、その前の耕平が外した場面にしても、マコ(藤田)から耕平と渡ったときも「さらに向」という判断をしていればもっと確実性が高まったんだけどね。

まあ、プレーの一つ一つを監督は選手に指示出来ないし、僕が「右に出せ!左に出せ」と言える訳ではないので、最後は選手の判断になるんだけど、あそこは正しい判断をして欲しかったし、2-0にしていればこの試合を決めきれることが出来たんだから… まあね、10人しかいない山雅に対して1点しか取れなかったウチのチームがいけないし、最終的には僕が悪いと言わなきゃいけないんだよね。

まあ、暑い中、最後まで戦ってくれた選手には「おつかれさん」と言ってあげたい。

<土橋の起用について>
まあ、あれは土橋が勝手に(記者に)「ケガで出られないかも」と言ったことだけであり、オレは最初から使うつもりだったけどね。(出る、出ないは?)相手も一緒でしょ? (飯田が)出ると出ないとか言っていたでしょ? お互いやりあっていたじゃない?

やっぱりねえ、ウチのチームでゲームを落ち着かせることが出来るのはやっぱり土橋だし、そういった面では浦島でも野澤でもそれはまだ無理。そう考えれば、ウチのチームにとって、まだ土橋がスタートから出てくれることが一番だしそれが当たり前のスタートだと思っている。

ただ、他の選手も(途中から)土橋の替わりができるまでに成長してきてくれているので、そういった意味では進化しているんじゃないかな? と思っているんですが、ただ、その進化がもう少し早いことを期待していたのですが、ちょっと遅いのが気になりますね。まあ、もっとJFLのサッカーに順応しなきゃいけないのに、まだまだチームは地域リーグのままだと思う。

何から何までまだ甘いよね。寄せにしても、間合いの取り方、そして激しさにしても。山雅って、非常に厳しくやって来るじゃないですか? 当たりにしても、時として汚いと思うこともあるよ。まあ、それによって相手は退場者を出してしまったけど、あれぐらいの中で戦って行かなきゃいけないし、あの当たりをかわしていかなければ、Jリーグの選手なんかになれるわけがない。

いい練習だよ。あれをどうやるか? それをどういなしていくか? を選手達が考えなきゃいけないのに、それをモロに受けて立ってバッコンバッコン潰され続けていたよね? 浅はかだよね? オレから言わせれば。

確かにやられてファールを貰うこと。向こうの厳しさとかいろいろあると思うけど、向こうだって犯すことでリスクは有ると思う。イエローもらったり出場停止とかいっぱいあるじゃないですか? でもね、リスクを犯してあのサッカーをやっているし、その中でもしっかり追いついて結果を出しているんだから、悔しいけど(相手を認めることに対して)しょうがないね…

向こうの方が一つ上だったね。

<最初からチームはよく走っていたと思うのですが>
あんな後半の走り方じゃダメだね。もっと走れるし、あんなのじゃ満足出来ないよ。あれじゃ夏になってから勝てない(相手に走り勝てない)し、あれぐらいの走りなら頑張ればどこのチームでも走ってくるよ。オレはね、圧倒的なフィジカル差(走力差)を見せたいんだよ。まあ、今回走れなかったことは、あいつら自身がよくわかっていると思うし、またオレに走らされるんだな…と感じているはず。やり直しです。フィジカルも。

まあ、大橋はあれ以上走られたらあっちこっち行ってしまうので、あれぐらいでいいでしょうが…

結果が全てですから、勝ち点を挙げたこと、負けていないということは評価するけれども、追いつかれたことに対してはまったく評価できない。でもね、一生懸命やっていないワケではない。だから「お疲れさん」とは言ってあげたいけれども、「甘すぎるでしょ」とも言わなければいけない。

でもね、途中の選手交代をオレが間違って、そうなった(同点にされた)かも知れない。だから、アイツらだけの責任ではなく、オレの責任でもある。それは自分でも認めるし、もっと指導者として勉強しなければいけないと思っている。でもね、チーム的に責任をオレがかぶるのはいいけれど、やっていて一番悔しいのはオレじゃなく間違いなくアイツら(選手)。

Img_0067

選手が一番悔しい。だったら笑って終われるように最後まで集中しなければいけないし、ピッチの中に入ったら自分たちで考えてやれって話。そういった意味では、おれは選手にある程度の自由を与えている。考える自由をね。その中で自分たちで声を掛け合って集中を高めなければいけないし、集中していない選手には厳しく言って奮起させなきゃいけない。オレがあの中にいたら「おめえら、相手が10人しかいないのに何やってんだよ!」と言っていたかも知れないけど、そういったことを誰かに言って欲しかったんだけれども、ベンチから見ていてそういったことを掛けた選手はいなかったね。

そう言った意味では「仲良しクラブ」の雰囲気がまだ抜け切れてないのかな?

仲がいいことはいいんだけれども、グラウンドでは厳しくやってくれないとね。そうすればもっとチームは伸びるんだけれども…

ホント、悔しいね。勝てた試合だし、決めきれなかった…
やっぱり、1点では勝ちきれないね。今のウチは2点とってどうかな? って感じ。まあ、そこはFWもわからなければいけないし、確実に決めていかないと、このJFLでは簡単に勝てない。オレはもう実感しているんだけど、選手がまだまだだね… また、これ(ドロー)をしっかり勉強します。

とりあえずまだたくさん試合がありますので、(シーズンの)最後でみなさんの前で「見たか!」っていうチームにしていきたいので、最後の最後までパルセイロというチームに興味を持っていてください。

<大型補強した相手にドローは勝利と等しいのでは?>
いやぁ、ダメだね。勝利に近い引き分けなんてないし、勝たなきゃ意味はないよ。

まあね、オレの古巣であるレイソルも1位になれるってことは、俺らも(JFLで)1位になれないことはないと思っているし、実際に1位に立てる力は持っていると思うよ。だからね、今日はカメラがいっぱいいるからわざと大きいことを言うけど、ウチはね「4位が最低(目標)」と言ってきているけど、おれはね、コイツらがもっとかしこくなって、今日みたいな試合をそのまま1-0で勝てるようになっていけば、ウチはトップを狙えると思っているし、4位なんてせこい順位ではなく、トップを目指して行くつもりだし、それなりのサッカーを出来ていると思っている。ただね、最後の詰めの部分に関してはもっと考えていかなければいけないと思う。

自分たちの中では、JFL全体を通していいサッカーをしていると思う。その中で、ウチに一番必要なのだが結果だと思っているだけど、引き分けで終わってしまう。自分たちの方がいいサッカーをしていると思っていても、引き分けるということは強いチームではない。いいサッカー=強いチームとするためにも結果は必要。いくら内容がよかったからと言っても、勝ち点が増えていくわけではないのだから。

そう言った意味で、ホントにJFL1年目の戦いの中で、落とした試合を振り返っても全体的に圧倒された試合は一つもない。だからそう言った意味で悔しい。結果がでないことが悔しい。アイツらがやっている内容も、運動量も上回っているはずなのにね。アイツらには笑って試合を終えて欲しいから、そのためにもしっかりオレも勉強していきたいし、選手ももっと勉強していかなければならない。指導者も選手もまだ成長過程。年末までには「パルセイロ、凄いな?」と思ってもらえるようチームにしてきたい。

------------------------------------------------

まあ、これを繋げて次の試合で、ミスをしないようにしていきたい。「2度あることは3度ある」っていう言葉がありますが、ウチ、これで4度ですからね…「4度あるから5度ある」っていうことにならないよう、しっかり修正して次に挑んでいきたい。そして、勝ちにこだわったサッカーをしていきたいし、もっといいサッカーを見せられるようしたいと思います。

またこれからもパルセイロを注目してください。

[2011年7月3日 南長野総合運動公園球技場にて]

« 信州ダービー・加藤監督会見 | トップページ | 総理大臣杯決勝は中大vs大体大 »

JFL」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/52134864

この記事へのトラックバック一覧です: 信州ダービー・薩川監督会見:

« 信州ダービー・加藤監督会見 | トップページ | 総理大臣杯決勝は中大vs大体大 »