« 天皇杯群馬県予選3回戦 | トップページ | クリーンに勝つことの素晴らしさ »

2011年7月31日 (日)

JFL後期第5節 町田vs松本

松田直樹を欠いて(累積警告のため出場停止)公式戦を戦うのは今季初となる松本山雅。チームを牽引して来た大黒柱のいないチームが、ホームでは無類の強さを誇る町田にどう挑むのか? というところがポイントだったこの試合だが、フタを空けてみれば終始町田のペースで進み、山雅まったく良さを出せずじまいで終わってしまった。

松田という柱を欠き、さらには闘志を全面に出す木島良輔はベンチスタート。そんな状況でありながらも、監督は「新しいオプション」を求めるために、あえて新戦力を交えたスタメンを用意してきた。しかし、町田の素晴らしすぎる出足の前に手も足も出ない時間が続き、挙げ句の果てにはポポヴィッチ監督は「今日の相手にはブルース・リーがいたようだ」と語ったように、木島弟がマッチアップし続けた町田DFの田代に跳び蹴りを食らわしてしまい一発退場となり、これですべてがパー。

Img_0388

試合後、本来ならすぐに監督会見が始まるはずだったが、いつまでも経っても加藤監督は姿を現さない…

そして、試合終了から30分以上過ぎてやっと会見場に顔を出してくれた加藤監督の表情には「怒り」が満ちあふれていた…(その怒りは報道陣にではなく、自分のチームに対して)

それにしても、今日の町田は最後まで素晴らしかった。
確かに2ゴールを挙げた勝又の動きは最後まで衰えず、この日一番の輝きを放ったと言っても過言ではない。しかし、中盤で攻守に渡って激しい運動量を見せた小川、そして木島兄弟との激しいマッチアップを制し続けた田代の2人も十分にMOM級の活躍をしたと言えるだろう。

Img_0165

とりあえず、今日はこんな時間ですので、詳細なマッチレポートはまた後ほどということで…

--------------------------------------------

2011 JFL 後期第5節 @町田
町田ゼルビア 3-1 松本山雅FC
[得点者]
49分ディミッチ、76・90+2分勝又(町田)
90分木島良(松本)

« 天皇杯群馬県予選3回戦 | トップページ | クリーンに勝つことの素晴らしさ »

JFL」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/52350406

この記事へのトラックバック一覧です: JFL後期第5節 町田vs松本:

« 天皇杯群馬県予選3回戦 | トップページ | クリーンに勝つことの素晴らしさ »