« 信州ダービー・プレビュー | トップページ | 2011信州ダービー第2戦:その2 »

2011年7月 3日 (日)

2011信州ダービー第2戦:その1

信州ダービーはおもしろい…
それにしても、いつもなんでここまで劇的な展開になるのだろうか?

試合の細かい部分や監督のコメントなどは、また明日にでもアップしますので、ここではざっくりと試合の流れやポイントだけで失礼いたします。

パルセイロはチームをいじらず不動のメンバーで来た。それに対して、加藤体制となってからの3試合は松田をボランチに置く4-4-2でやってきた山雅だが、飯田、鐵戸が怪我の影響もあり最後まで起用するかどうかを迷ったのだが、結局は揃って彼らを起用。さらには「長野対策」として、松田を最終ラインに入れ、弦巻、須藤をボランチに配置した3-6-1(攻撃時には3-4-3的な形)システムを敷いてきたのである。

5分までは、両者とも相手の出方を伺う静かなスタートだったが、宇野沢、向が積極的に仕掛けてチャンスを広げ、13分にGKからのボールを受けた向が右サイドから素早く中へクロスを入れると、藤田が頭で折り返し、そのボールを宇野沢が詰めてまたもパルセイロが先制。

Img_0049

前回のダービー同様、パルセイロが先制し、ゲームを優位に進めていく。そんな中で、1トップとして奮闘していた木島兄だが、小川、大島の厳しいマークにイライラを募らせ、39分に小川との競り合いの中でエルボーを顔面に入れてしまい、そのシーンを確認していた副審からのアピールで、41分に退場処分となってしまう。

さて、1点リードされている状況はともかく、前半のうちに数的不利になってしまった山雅は、案の定ピンチの連続となってしまう。しかし、パルセイロの決定力不足と、暑さからくる運動量低下により、危ない時間は続くものの2点目を与えないまま時間は経過。

後半になってシステムを変更し、松田を一列あげて4-4-1にした山雅。後半開始早々こそ押し込まれたが、粘り強く対応し徐々に流れを自分たちの側に引き寄せていく。そして1点差のまま終盤を迎えると、今度は松田を最終ラインに戻し、途中交代の塩沢と飯田という2トップ(4-3-2)に変え、パワープレーでパルセイロゴールに迫り、試合終了直前の89分に塩沢が劇的な同点ゴールを叩き込み、土壇場で試合をイーブンに戻す。

Img_0312

しかし、ロスタイムに入ると、またもパルセイロの猛攻に遭いピンチを迎えるが、ここでも決定力不足に助けられ、「負けゲーム」の展開から貴重な勝ち点1を拾ってゲームは終了。

まあそれにしても、山雅としては「貴重な勝ち点1」であり、パルセイロにとっては痛すぎるドローであったこの試合。確かにパルセイロがやっているサッカーは、高いレベルを目指したおもしろいサッカーであるのだが、おもしろい、魅力的だけでは勝ち点を積み重ねることは出来ない。そのことは、試合後の薩川監督も素直に認め、さらには「やはり山雅は強い」という言葉も残した…

これで、両者とも天皇杯シードを獲得出来なかったことにより、今年「3度目」のダービーが開催されることが濃厚となった(天皇杯長野県予選→両者とも準決勝から出場し、ともに勝ち上がれば決勝で対戦)が、果たして次の対戦では「決着」となるだろうか?

まあ、詳しい試合レポに関しては、また後ほどということにしておきます。

Img_0109

しかし、こういう人もダービーにゲストとして呼ばれる時代が来たんですね…

-------------------------------------------------

2011/JFL後期第1節 @南長野球技場
AC長野パルセイロ 1-1 松本山雅FC
[得点者]
13分宇野沢(長野)、89分塩沢(松本)

« 信州ダービー・プレビュー | トップページ | 2011信州ダービー第2戦:その2 »

JFL」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/52111700

この記事へのトラックバック一覧です: 2011信州ダービー第2戦:その1:

« 信州ダービー・プレビュー | トップページ | 2011信州ダービー第2戦:その2 »