« 激闘再び、大学界の茨城ダービー | トップページ | 慶大、古豪復活に手応えアリ »

2011年5月 8日 (日)

アルテ、会心の内容で初勝利

JFL前期第10節 @武蔵野陸上競技場
横河武蔵野 0-1 アルテ高崎
[得点者]
山田(高崎)

シーズン前から準備してきたアンカーシステムの4-1-4-1がなかなか機能せず、今節は守備の要でありキャプテンの瀬田が出場停止ということもあり、中盤の底を厚くしたシステムで来た武蔵野。それに対してアルテは、シーズン当初は4-4-1-1という守備的システムから入り、守備の修正が出来てくるとサイド攻撃に重点を置いた4-2-3-1でトレーニングを続け、チームの状態が良くなった今はより攻撃的な姿勢を強くするために4-3-3に変えてきた。

[武蔵野スタメン]
ーーーー山下ーーーーー
高松ーー小林ーーー都丸
ーーー岩田ー桜井ーーー
遠藤ー平岩ー金守ー鹿野
ーーーー山下ーーーーー

[アルテスタメン]
松尾ーーー伊藤ーーー小林
ーーーーー山藤ーーーーー
ーーー小島ーー益子ーーー
山田ー小林亮ー増田ー布施
ーーーーー岩舘ーーーーー

当初の形とは変わった両者だが、その変わり方は「いい流れ」に乗って変わったアルテ、「もがく」中で変更を余儀なくされた武蔵野と、明暗がくっきり分かれる形となったが、試合の流れも両者の明暗がそのまま現れることとなる。

------------------------------------------

アルテのキックオフで始まったこの試合、序盤こそ両者とも様子を見合うような形で試合に入ったが、9分にアルテがこの試合最初のFKのチャンスを奪ってからは、ほぼ一方的な展開が続くこととなる。

Img_0060

この日のアルテだが、1トップに入ることの多かった土井の出場停止を受けて、そのポジションに伊藤が入り、普段は2列目が多い松尾、小林定人を一列高い位置に配置して3トップを形成するのだが、この3人が前から激しいプレッシャーをかけ続けたことで、武蔵野は全く前にボール出すことが出来ない。

前に出すことが出来ないため、最終ラインで横にボールを回すだけとなった武蔵野に対し、アルテの最終ラインは高い位置まで押し上げ、相手を自陣に釘付けにしていく。さらにアルテは3トップだけではなく、ボランチの2人も高い位置からプレスを掛け始めると、ほとんどのセカンドボールを支配して武蔵野を圧倒。

攻撃面でも、後藤監督がみっちり叩き込んできた「サイド展開」だけではなく、この日は3トップの優位性を活かした、縦に速い攻撃も何度も繰り出して相手ゴールに迫るのだが、その中でも輝きを放ったのは松尾昇悟であり、攻守に渡って獅子奮迅の活躍を見せていく。

Img_0228

後ろからの縦パスに何度も反応して、見事な抜け出しを見せゴールに迫るだけではなく、時としてディフェンスに戻って果敢なスライディングで相手攻撃の芽をつみ取っていく。また、今季新加入の小林定人も、自慢の「速さ」でDFを抜き去って何度もチャンスメーク。

昨年までは「型どおり」のサイド攻撃しか出来なかったが、この日は見違えるようなバリエーション豊富な攻撃を見せ、15分、18分、20分に怒濤の連続攻撃を繰り出すアルテ。シーズン当初から見ていたこともあり、今年のアルテは絶対にひと味違うとは思っていたが、まさかここまで出来るとは…

Img_0092  

実に選手全員は素晴らしい出足を見せ、ディフェンダーだから攻撃はいい、FWだから守備はいい、というのではなく、チームが攻撃に出ているなら全員がFW、守りに転じたならば全員がDFというような、全員サッカーで相手を圧倒するアルテ。

26分に小林陽介がヘディングシュートを放ち、武蔵野にこの日最初のシュートを許したものの、試合の流れは依然としてアルテが握り続け、そろそろ先制点が欲しい時間帯だな… と思っていた時にチーム最古参の男がキッチリ仕事を果たすのであった。

34分、左サイドでFKのチャンスを得ると、松尾が一旦頭でボールを反らし、最後は伊藤がシュート。これはGK飯塚のファンセーブで決まらないが、立て続けに訪れたCKのチャンスにこぼれ球を拾った小島がファーサイドにクロスを上げると山田裕也が頭で合わせてアルテが先制。

Img_0132

この形、パルセイロと行った練習試合(@南長野)で決まった形とほぼ同じであり、アルテとしては練習で続けてきた形が見事にはまった瞬間でもあった。

この1点でさらに勢いづくアルテは、攻撃の手を緩めず37分にもCKのチャンスから再び山田の頭が武蔵野ゴールを襲う。今度も上手く合わせた山田だが、こちらの方がフリーの状態であったため、どうしても決めたかったところだがシュートは枠の外。そして武蔵野の守備だが、1点目を決められた直後でありながらも、またも山田をフリーにしてしまったことはいただけない。

------------------------------------------

さて後半だが、武蔵野が少しは修正して押し返してくるかと思われたが、アルテの勢いが全く衰えず、前半同様アルテの一方的な展開で進んでいく。そして5分、カウンターから小林定人が快足を飛ばして一気にDFを抜き去って決定的場面をいきなり作り出すのだが、飯塚がまたもファインセーブを見せ追加点は奪えない。

さらに17分には松尾が自陣まで戻ってスライディングタックルでボールを奪うと、そのままドリブル突破を試みて、ついにはゴール前まで進入してシュート! 飯塚が横っ飛びを見せるも触れることが出来ず、アルテ追加点か? と思われたがポスト直撃。しかし、跳ね返ったボールに小林が素速く反応し、今度こそアルテが追加点を奪うかと思われたが、なんとここでシュートミス…

Img_0295

続く18分にも、伊藤の縦パスから小林が抜け出し決定的場面を三度迎えるが、今度も飯塚のセーブの前に追加点を奪えない。しかし、アルテの攻撃はまだまだ終わらず、22分にもロングボールに松尾が鋭い飛び出しを見せゴールに迫る。

飯塚のファインセーブがなければ、今頃は4-0ぐらいになっていてもおかしくはないアルテ。だが、そこで点が入らないのも、良くも悪くもアルテらしいところだなぁ…と。

Img_0320

それはさておき、ここまでの60分間で全くといっていいほど「良さ」を見せられなかった武蔵野。依田監督も我慢の限界となり、メンバーチェンジを試み永露を30分から投入するのだが、アルテの運動量がガクンと下がって来たことと相成って、終盤は武蔵野が攻勢に出る時間が増えていく。

ただ、ボールを持つ時間は増えたものの、攻撃があまりにも単調であり、バイタルエリアに入っていこうとする選手も少なく、アルテは守勢に回る時間こそ増えたものの、メンバー交代を交えながらしっかりその攻撃に対処していく。

確かにゴールに近い場所での攻防は増えたものの、相手のような「決定機」を作り出すまでにたどり着けない武蔵野。それに対してアルテは、35分にカウンターから小林が再び抜け出し、今度こそ? という場面を作るがまたも飯塚のファインセーブの前に得点を奪えない。そしてそのままロスタイムを迎え、最後にFKのチャンスを得たアルテは、キープして終わりかと思われたが、なんとこれを相手ゴール前に放り込み、松尾が最後までゴールを狙っていく。

Img_0378

ここは惜しくも枠の外に外れてしまったが、そのままタイムアップを迎え、アルテはJFLリーグ戦に限って言えば、昨年9月19日の後期第8節、ジェフリザーブス戦以来の勝利となった。

------------------------------------------

それにしても、アルテとしては会心の勝利であったことは間違いない。欲を言えば、3-0、4-0で勝っていてもおかしくはなかった試合だが、こればかりは相手GKの飯塚を褒めるべきであろう。また、足が止まりだしてしまった60分以降は守勢に回る時間が長くなってしまったが、苦しい時間帯をしっかり耐えられるようになったところは成長の証と言える。

Img_0355

後藤監督、キャプテンの増田も、ともに「チームの成長に手応えを感じている」と語り、さらには「前に速い選手(小林)が入ったことで、攻撃に幅が出来た。あとは替え玉(控え選手)で、守備固めをする選手ではなく、流れを変えられる選手が出てくれば最高なんですがね。タイラ(石沢)はいいんだけど、それ以外の選手からも目処がたつのが出てくれないと…」と、快勝の中でもさらにチームを良くしたいという本心を覗かせてくれた。

ここまでレギュラーチームが熟成されてきたのだがら、次は運動量を最後まで維持出来るようにすることと、選手層の底上げが課題となるアルテ。後藤監督はシーズン前、残留がまずは目標としつつも、その先の目標として「一桁順位」で終えることを掲げていたが、この日のパフォーマンスが最後まで維持できるのであれば、その目標も夢ではない気がしてきた。あとは、チームの総合力が試される夏場以降までに、どこまで控えの層が厚くなるかがポイントであろう。

------------------------------------------

さて、あまりにも無惨な敗北となってしまった武蔵野だが、瀬田が出場停止であり、そしてエース候補だった関野の不振という事情があるにしても、かなりの重傷であるのは間違いない。

そもそも論になるが、開幕前のTMでもすでに決定力不足は露呈していたし、選手層の薄さは激しく気になるところでもあり、4-1-4-1システムをリーグで使うことは無理なのでは?と考えていた。そしてこの日はダブルボランチで試合に挑んだが、それでもチームは相手の速い出足に押し込まれ、試合終盤まで手も足も出ない状態が続いてしまった。

依田監督は「負けるべきして負けた試合です… やはり、選手にはもっと勇気を持ってプレーしてほしい、怖い部分(ゴール前を指す?)にもっと入っていって勝負してほしい。戦術やスタイルに囚われずに、積極性を出して欲しいところなんですが…」

と、重い口をゆっくり開きながら語ってくれた。

これで3戦連続0-1での敗戦となった武蔵野だが、今の武蔵野は決定力不足よりも、ゴールへの積極性という部分の欠如の方が問題であると言わざるを得ない。長年JFLで戦い続けているチームだけあり、さすがに選手それぞれのスキルは低くはないし、ボールを繋いでいくのはやはり上手い。だが、今のチームは「うん、上手いね」だけで終わってしまっている。

Img_0150

アルテの松尾の様に、技術、戦術うんぬんではなく、とにかく勝つ、そして自分もゴールを決めてやる! というギラギラした想いや執念というものが、武蔵野の選手からほとんど見えてこなかった。「気持ち」ってなんだよ? と言われそうだが、この日の武蔵野は、ほとんどの場面で「球際の攻防」に負けていたが、それこそ気持ちの部分で劣っていたからではないだろうか? そういうメンタル的部分が上がっていかなければ、今季の武蔵野は厳しい戦いとなってしまうと感じさせる一戦であった。

そして次節だが、これまた不振に喘いでいるジェフリザーブスとの対戦だが、この試合は両者にとって重要な一戦であることは間違いないはず。勝てば浮上のきっかけを掴めるし、負ければそれこそ泥沼が続くことを覚悟しなければならない。そんな一戦を前に、武蔵野はどこまでメンタル的に回復できるか注目したい。

« 激闘再び、大学界の茨城ダービー | トップページ | 慶大、古豪復活に手応えアリ »

JFL」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/51609888

この記事へのトラックバック一覧です: アルテ、会心の内容で初勝利:

« 激闘再び、大学界の茨城ダービー | トップページ | 慶大、古豪復活に手応えアリ »