« 広島ユース、決勝へ | トップページ | 松江、ドラマチックに散る »

2010年10月16日 (土)

今日からスタート、今年の全社

ついに今日から始まります、第46回全国社会人サッカー選手権。

すでに各地域リーグの優勝チームも決まり(北海道:札大GP、東北:グルージャ盛岡、関東:Y.S.C.C、北信越:AC長野パルセイロ、東海:shizuoka.藤枝MYFC、関西:三洋電機洲本、中国:レノファ山口、四国:カマタマーレ讃岐、九州:HOYO Atletico ELAN)、さらにはSC相模原にJFA優遇枠も適用され、残す地域リーグ決勝大会への出場枠は、この全社上位の2枠だけとなった。

かつては、国体に向けてのリハーサル大会として淡々に進められ、優勝しても特典があるわけでもなく、勝ち進めば地獄の連戦だけが増えていくことから、「罰ゲーム」と呼ばれた全国社会人サッカー選手権。しかし、2006年から優勝もしくは上位成績を収めたチームに地域決勝への出場権を与えるレギュレーションとなってから、大会の白熱度は激変。今大会も「崖っぷち」に立たされているチームの逆襲に期待したいところ。

1回戦(10/16)
●乃木浜総合公園A
[No.01] 11:00
tonan前橋 vs FC KAGOSHIMA
[No.02] 13:30
ヴォラドール松江 vs テイヘンズ

●乃木浜総合公園B
[No.03] 11:00
ヴォルカ鹿児島 vs カマタマーレ讃岐◎
[No.04] 13:30
新日鐵室蘭 vs アイン食品

●おのだサッカー交流公園サッカー場
[No.05] 11:00
坂戸シティ vs トヨタ蹴球団
[No.06]13:30
FC大阪 vs ノルブリッツ北海道

●おのだ多目的スポーツ広場A
[No.07]10:00
SC相模原◎ vs デッツォーラ島根
[No.08] 12:00
矢崎バレンテ vs グルージャ盛岡◎
[No.09] 14:00
阪南大クラブ vs tonan前橋サテライト

●おのだ多目的スポーツ広場B
[No.10] 10:00
shizuoka.藤枝MYFC◎ vs SC鳥取ドリームス
[No.11]12:00
ヴェルフェたかはら那須 vs マルヤス工業
[No.12] 14:00
福島ユナイテッド vs 三洋電機洲本◎

●山口きらら博記念公園サッカー・ラグビー場
[No.13] 11:00
新日鐵大分 vs 札大GP◎
[No.14]13:30
三洋電機徳島 vs レノファ山口◎

●山口きらら博記念公園スポーツ広場
[No.15] 11:00
市川SC vs Laranjya Kyoto
No.[16]13:30
HOYO Atletico ELAN◎ vs AC長野パルセイロ◎

◎印の着いたチームはすでに地域リーグ決勝大会の出場権を得ているチーム

さて、大会のみどころだが、なんと言っても各地域で優勝出来なかった有力チームの動向であろう。北海道のノルブリッツ北海道、東北の福島ユナイテッド、関東のtonan前橋、ヴェルフェたかはら那須、関西のアイン食品、九州のヴェルカ鹿児島といったところのチームが注目どころだが、その中でも福島ユナイテッドが一番注目となってくるはず。

草津、岡山で指揮を執った手塚聡氏を監督に招聘し、万全の体制でシーズンに挑んだはずだったが、リーグ終盤に失速してライバルである、グルージャ盛岡の後塵を拝すこととなってしまった。さらにチームは公式に「緊急事態宣言」してしまうなど、チームとしてだけではなく、クラブとしても崖っぷちに立たされている。

この状況を好転させるには、自力で地域決勝への出場権を得るしかないのだが、その前に立ちふさがるのは、関西1位の三洋洲本であり、いきなり厳しい相手と戦うこととなる。そして2回戦に進めたとしても、ヴェルフェ vs マルヤス工業の勝者が相手であり、連日息の抜けない相手が続いていく。昨年の松本山雅のように、絶体絶命のピンチから見事に逆転できるのか? 

また、1回戦では好カードが結構並んでいて、権利獲得を狙うチームの動向だけではなく、下記3試合にも大いに注目したい。

●ヴォルカ鹿児島 vs カマタマーレ讃岐
実力的にはカマタマーレ優勢と思われるが、権利獲得を目指すヴォルカは絶対に負けられない。1点を争う僅差の試合となるだろう。ただ、カマタマーレが本気モードで来るのか、調整なのかは微妙なところ。

●SC相模原 vs デッツォーラ島根
結局、相模原は地域決勝の出場権を得たが、先日のザスパとのTM後のミーティングで望月代表、秋葉監督ともども「優勝を目指す」と宣言。対するデッツォーラだが、序盤3試合の躓きさえなければ、優勝していたのでは? と思えるほど、リーグ戦終盤は抜群の強さを発揮しており、非常におもしろい試合が見られるかも。

●HOYO Atletico ELAN vs AC長野パルセイロ
九州1位 vs 北信越1位の対決で、まさに「プレ地域決勝」というカードとなったこの試合。パルセイロの薩川監督も、「当然、優勝を狙います」と宣言したが、正直なところ、8月末からチームに合流した鈴木強化部長の「カラー」がどこまでチームに浸透しているかに注目したいところだ。またHOYOだが、攻撃の核となる堀健人の出来が大いに試合を左右しそう。

とにかく、20日まで5日間、地域決勝以上に過酷な戦いが続いていきますが、昨年に続きこの大会をしっかり見てこようと思っております。(とは言いつつ、現地入りすのは日曜日からですが…)

« 広島ユース、決勝へ | トップページ | 松江、ドラマチックに散る »

地域リーグ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/49754493

この記事へのトラックバック一覧です: 今日からスタート、今年の全社:

« 広島ユース、決勝へ | トップページ | 松江、ドラマチックに散る »