« 松江、ドラマチックに散る | トップページ | 全社ベスト4が決定 »

2010年10月18日 (月)

全社、2回戦までの結果

土日に行われた第46回全国社会人サッカー選手権大会、1・2回戦結果と、明日の試合の対戦カードを一覧にしておきます


●1回戦結果
tonan前橋 2-1 FC KAGOSHIMA
ヴォラドール松江 3-0 テイヘンズ
ヴォルカ鹿児島 0-5 カマタマーレ讃岐
新日鐵室蘭 0-4 アイン食品
坂戸シティ 2-4 トヨタ蹴球団
FC大阪 2-4 ノルブリッツ北海道
SC相模原 1-0 デッツォーラ島根
矢崎バレンテ 2-2(PK5-4) グルージャ盛岡
阪南大クラブ 1-0 tonan前橋サテライト
shizuoka.藤枝MYFC 2-4 SC鳥取ドリームス
ヴェルフェたかはら那須 1-0 マルヤス工業
福島ユナイテッド 6-0 三洋電機洲本
新日鐵大分 2-1 札大GP
三洋電機徳島 1-2 レノファ山口
市川SC 1-2 Laranjya Kyoto
HOYO Atletico ELAN 0-2 AC長野パルセイロ


●2回戦結果
tonan前橋 2-2(PK5-4) ヴォラドール松江
カマタマーレ讃岐 1-0 アイン食品
トヨタ蹴球団 4-3 ノルブリッツ北海道
SC相模原 6-0 矢崎バレンテ
阪南大クラブ 3-0 SC鳥取ドリームス
ヴェルフェたかはら那須 0-1 福島ユナイテッド
新日鐵大分 5-3 レノファ山口
Laranjya Kyot 1-2 AC長野パルセイロ


●準々決勝対戦カード
[おのだサッカー場]
11:00 tonan前橋 vs カマタマーレ讃岐
13:30 トヨタ蹴球団 vs SC相模原
[きらら博記念公園サッカー・ラグビー場]
11:00 阪南大クラブ vs 福島ユナイテッド
13:30 新日鐵大分 vs AC長野パルセイロ

以上のようになっておりまして、明日の結果次第では全社からの「地域リーグ決勝大会への出場権」が決まる可能性があります。また、場合によっては関東リーグ1部のさいたまSCにも、出場権が与えられる可能性も出てきました。


で、日曜日に見た他の試合もかるく振り返っておきます。

Img_0659

●SC相模原 6-0 矢崎バレンテ
相模原の圧勝。前半で4-0として、後半はかなり流したような試合だったが逃げ切りも軽く成功。いろいろ言われてきましたが、地域決勝に出るには問題ない力はあることは確信。斉藤、ジエゴの2トップは、今大会1の破壊力を持つ2トップであることは間違いない。

ただ気がかりなのは、初戦で古賀誠史が肋骨骨折となり、復帰までかなりの時間がかかりそうで、2回戦でも水野が右足首を痛めて負傷退場。水野の怪我の詳細はまだ不明だが、長引くようであれば、主力2名を欠いたまま地域決勝に挑むことになる相模原。なんとか明日も勝って、5連戦が出来るようして選手層の底上げを図りたいところだ。

Img_0959

●カマタマーレ讃岐 1-0 アイン食品
後半しか見ていないので、前半の得点シーンは不明。後半の内容で評価するなら、両者とも相手の穴を何とかして探ろうとした「神経戦」のような試合だった。かなり評価しにくい試合であったが、アイン食品よりも、カマタマーレの方が攻撃のバリエーションは多かった。

縦に前に入れてくるアイン、繋いでリズムを作って攻撃するカマタマーレ。関西2位と四国1位の試合だったが、両者のゴールに向かうプロセスの違いを考えた場合、この結果は妥当だったかもしれない

Img_0351

●トヨタ蹴球団 4-3 ノルブリッツ北海道
ラストのロスタイム5分間しか見ていないが、その間に4点も入ってしまって驚き。ノルブリッツとしては、1回戦も延長で体力が消耗しており、終盤は足が止まってかなり限界が見えてしまっていた。だからこそ、奇跡的にロスタイムに一度は逆転したものの、試合を3-2のままでクローズさせることが出来なかったというところか…

Img_0399

« 松江、ドラマチックに散る | トップページ | 全社ベスト4が決定 »

地域リーグ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/49773900

この記事へのトラックバック一覧です: 全社、2回戦までの結果:

« 松江、ドラマチックに散る | トップページ | 全社ベスト4が決定 »