« 互いの「これから」とは? | トップページ | 横河、長崎、両者譲らずドロー »

2010年7月17日 (土)

武藤スタメン?

予想どおり、流経大FCが登録メンバーをいじってきた。

主なトップチームからの「スライド組」は以下の通り
4 DF 小川 晃平
7 DF 長浜 浩太
13 DF 保戸田 春彦
14 MF 小島 聖矢
17 MF 村瀬 勇太
23 FW 古川 大士
25 DF 藤本 大
30 MF 河本 明人
31 GK 白井 裕人
32 FW 武藤 雄樹
35 MF 大貫 彰悟

15日に行われた流経柏との練習試合では、スタメン組に入った武藤がいきなり序盤から2ゴールを奪い、好調さをアピール。村瀬もトップでの「悩みながら」のプレーではなく、この日は高校時代に見られた「自由さ」が久々に顔を出していた。

さて、18日に行われるFC琉球戦だが、この「スライド組」がかなりスタメンに名を連ねることが予想される。それにより、中盤の構成は村瀬、小島、河本、中美という、かなり豪華な組み合わせになりそうだ。そして2トップには、エース武藤が出てくる可能性大である。

で、武藤に関してだが、決してこのJFLチーム入りは「降格」ではない。今回の「登録期間」は8月13日までなのだが、その期間内「限定」の登録となってくる。また、その他のトップチームからの選手達も、武藤同様の「変更」となってくる。しかし、8月13日までは事実上入れ替えが可能なので、今後も登録の変更が続いていくことが予想される流経大FC。

中野総監督は、今回の登録変更についてこう語っている。

「JFLで戦えることは、流経大にとってもの凄く有意義であり、大事なことなのです。だからこそ、ここで戦える権利を守らなくてはいけない。流経大にとっては、JFLで戦えることは財産なのです。しかし、今のままではその財産を手放してしまうことになる。それはなんとか防がなければなりません。だからこそ、ルール上で認められる手段は最大限使います。武藤やその他のトップ選手は、4試合か3試合しか出られないかもしれないが、ここで勝ち点を9上乗せできれば、十分に残留の目も出てくる。また、大学リーグで不振だった一部の4年生には(当然、武藤は含まない)、JFLでやらせようと思っています。もし、ここで奮起すれば、インカレには再登録できますからね。ただ、ここでもダメだったらもう使いません。とにかく、4年生が下級生のために「何を残せるか」という現実に、しっかり向かい合って欲しいと思うのです」

当初、JFLチームの柴田監督は、若い選手を実戦で伸ばしていきたいという理想をもっていたが、やはり1、2年生中心では荷が重すぎた。そして中野総監督の方針もあり、トップ選手を受け入れることとなったJFLチーム。

JFLチームとしても、十分に危機感を持っているし、武藤やその他のトップ選手にしても出来が悪ければ「ここに残されてしまう」という別の危機感もある。とにかく結果を要求される戦いとなる流経大FC。

対戦相手は「これまでの若手軍団」と思っていたら、間違いなく痛い目にあるはずだ。

さすがに沖縄まで行けないが、非常に楽しみな試合である。
そして次節の竜ヶ崎で行われる町田ゼルビア戦は大注目であろう。

« 互いの「これから」とは? | トップページ | 横河、長崎、両者譲らずドロー »

JFL」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/48897502

この記事へのトラックバック一覧です: 武藤スタメン?:

« 互いの「これから」とは? | トップページ | 横河、長崎、両者譲らずドロー »