« 武藤スタメン? | トップページ | U-23、道半ばでの挫折 »

2010年7月18日 (日)

横河、長崎、両者譲らずドロー

JFL 後期第3節 @西が丘
横河武蔵野FC 0-0 V・ファーレン長崎

スコアレスドローだったが、内容は引き締まったゲームであった。

Img_0238

しかし全体的な流れでいえば、この試合は長崎の「ゲーム」であり、やはり勝ち点3を奪って帰りたかったのが本音であろう。試合後の佐野軍曹殿は、横河の強さを十分認めた上で、主審(恩氏殿)のジャッジに対してかなりご立腹の様子。これに対して、ドローに対して「妥当な結果」と受け入れていた依田監督の態度とは対照的だった。

Img_0155

さて、また後日に詳細な試合レポートをまとめますが、おおまかに試合の流れをまとめておくと、前半は圧倒的な長崎ペース。後半に入ると修正してきた横河が流れを取り戻し始め、一進一退の攻防が続く。しかし、その中でもカウンターから長崎は3度の決定機(FWが抜け出す場面)がありながら、すべてシュートは上と、フィニッシュの精度を欠いてしまう。

Img_0140

対する横河は、終了間際にこちらもカウンターからチャンスを掴み、右サイドからのクロスにゴール前でドフリーの冨岡が合わせたが、無情にもシュートはポストを直撃。

結局は、両者勝ち点1づつを分け合った試合となった。

まあ、非常に簡単に振り返るとこんな試合ですが、また明日にでも細かく紹介したいと思います。

« 武藤スタメン? | トップページ | U-23、道半ばでの挫折 »

JFL」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/48903392

この記事へのトラックバック一覧です: 横河、長崎、両者譲らずドロー:

« 武藤スタメン? | トップページ | U-23、道半ばでの挫折 »