« 1部復帰に視界良好 | トップページ | 保土ヶ谷乱打戦 »

2010年5月 2日 (日)

成長し続ける大宮ユース

プリンスリーグ関東2部 第4節
2010年4月29日 @育英グラウンド
佐野日大高 0-2 大宮アルディージャユース
[得点者]
50分中村佑輔、89分清水道浩(大宮)

こちらも、川崎フロンターレU-18同様、今年からプリンスリーグに昇格してきた、大宮アルディージャユース。しかし、前評判では川崎よりも高い評価をされていた大宮ユース。はたして、どんな試合を披露してくれるのか、非常に楽しみであった。

大宮スタメン
ーーー清水中村ーーー
小山ー
飯野ー清水ー平野
菊池ー石川ー木村ー小池
ーーーー高橋ーーーーー

しかし、試合は意外な立ち上がりとなる。
大宮が、やや受け身で試合に入ってしまったこともあるのだが、佐野日大の縦にボールを蹴ってくる「キック&ラッシュ」と表現しても遜色ない、古典的な戦術の前に、大宮は苦戦してしまう。さらには、丁寧に繋いで、2トップに預けて展開という、自分たちのサッカーもやらせてもらえない。

Img_6668

なかなかペースの掴めない大宮。しかし、佐野日大が圧倒的にペースを握っているのか? と言われればそうでもない。次々と「縦」という展開を仕掛けるのだが、大宮ディフェンスも混乱することなく対応し、相手攻撃陣にバイタルエリアでは自由にさせない。ただ、両チームとも、細かい部分でパスミスやトラップミスなどがあり、雑だなあ…といったところ。

正直、見所の少ない前半戦であり、う〜ん、大宮、それほどいいのかなぁ…と、思う内容であった。

まあ、後半になれば修正してくる? と予想したのだが、なんと後半立ち上がりも、佐野日大がラッシュを仕掛けてきた。後半開始直後から、GKと1vs1になるなど、決定的場面を何度か迎える。だが、どれもGKに阻まれたり、シュートが枠に飛ばなかったりで、またもチャンスを潰してしまう。

自分たちでチャンスを潰してしまうと、どうしてもリズムが悪くなるもの。

Img_6703

するとピンチを凌いだ直後の50分、中央でボールを持った7番飯野が、左に展開。これに走り込んだ11番中村が左足一閃。豪快にゴールネットを揺らし、大宮がついに先制。そして、このゴールを合図に、大宮の圧倒的な攻撃力が本領発揮となる。U15日本代表に選ばれている左SBの菊池は、自慢の速さを活かして次々とオーバーラップを仕掛けていく。

Img_6763

FW中村はボディバランスもよく、もらったボールは確実にコントロールして、見事にさばいていた。さらに7番飯野は、攻撃の中心として大車輪の活躍。佐野日大は、ゴール前から動けなくなり、試合の主導権は大宮が握ったままロスタイムを迎えると、ここで追加点が生まれ2-0。終わってみれば、大宮ユースの完勝で試合の幕は閉じた。

Img_6760

今年、2部初参戦であるが、実力はすでに1部と同等とも言われていた。しかし、前半は「寝てるの?」と思うほど、冴えない試合をしてしまった大宮ユース。後半に入って、立ち上がりに「パンチ」を浴びたことで目を覚ますと、そこからエンジン全開となり、ポテンシャルの高さをやっと見せ、前評判が「ダテ」ではないことを示してくれた。

プリンスリーグこそ、初参戦だが、これまでにトップ昇格する選手を育てるなど、すでに「結果」を残している大宮ユース。正直なところ、来年と言わず、今すぐ「1部と戦って欲しい」と思わせるチームの出現である。

« 1部復帰に視界良好 | トップページ | 保土ヶ谷乱打戦 »

高校サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/48238226

この記事へのトラックバック一覧です: 成長し続ける大宮ユース:

« 1部復帰に視界良好 | トップページ | 保土ヶ谷乱打戦 »