« 黄金期を迎えた明大サッカー部 | トップページ | 第90回天皇杯・組み合わせ決定 »

2010年5月27日 (木)

5/23、地域リーグ結果

5月23日に行われた各地域リーグの結果です。

●北海道リーグ
[第2節結果]
5月23日開催
札幌ウインズ 0-6 ノルブリッツ北海道
札幌蹴球団 1-2 札大GP
マルセイズ 6-0 ブラックペッカー

[順位]
1位:ノルブリッツ(6pt +18)、2位:札大GP (6pt +5)、3位:マルセイズ(3pt +2)、4位:札幌蹴球団(3pt 0)、5位:札幌ウインズ(0pt -7)、6位:ブラックペッカー(0pt -18)

[寸評]
第2節もノルブリッツが圧勝。ライバル札大GPは勝ったものの得失点差を縮められず。現時点で得失点差が13点差あることはやや気がかり。あくまでも直接対決が重要なのだが、なんとか次節以降、この差を縮めたいところ。

---------------

●東北リーグ1部
[第6節結果]
5月23日開催
グルージャ盛岡 4-0 NECトーキン
プリメーロ 1-2 福島ユナイテッド
秋田カンビアーレ 0-1 コバルトーレ女川
盛岡ゼブラ 3-0 塩釜ヴィーゼ

[順位]
1位:福島ユナイテッド(18pt +16)、2位:グルージャ盛岡(16pt +23)、3位:カンビアーレ(8pt +4)、4位:NECトーキン(8pt 0)、5位:プリメーロ(7pt -4)、6位:盛岡ゼブラ(6pt -2)、7位:コバルトーレ女川(3pt -6)、8位:塩釜ヴィーゼ(3pt -31)

[寸評]
2強は揃って勝利するも、福島はかなり厳しい試合となってしまった。これに対してグルージャは万全ともいえる試合運びで勝利。次節(6/6)は直接対決だが、この試合は今季の東北リーグ1部の優勝を占う大事な試合になることは間違いない。リーグ戦は1週間空くことになるが、両チームは大一番に向けてどんな準備ができるだろうか?

---------------

●関東リーグ1部
試合なし

[順位]
1位:Y.S.C.C(18pt +22)、2位:ヴェルフェ(14pt +6)、3位:さいたまSC(13pt +5)、4位:FCコリア(12pt +3)、5位:厚木マーカス(8pt -4)、6位:tonan前橋(7pt -4)、7位:クラブドラゴンズ(5pt -11)、8位:ACアルマレッザ(3pt -17)

---------------

●北信越リーグ1部
[第6節結果]
5月23日開催
サウルコス福井 1-7 JSC
グランセナ新潟 0-4 長野パルセイロ
アンテロープ塩尻 1-2 上田ジェンシャン
テイヘンズ 4-1 ヴァリエンテ富山

[順位]
1位:パルセイロ(16pt +28)、2位:JSC(16pt +14)、3位:ジェンシャン(12pt -2)、4位:テイヘンズ(9pt +1)、5位:サウルコス福井(6pt -15)、6位:ヴァリエンテ富山(5pt -5)、7位:グランセナ新潟(4pt -5)、8位:アンテロープ塩尻(1pt -15)

[寸評]
2強は揃って勝利。ともにここまで5勝1分と五分のまま、次節はついに大一番となる直接対決へ。パルセイロはアウェーだからドローでもいい、という消極的な戦い方ではなく、相手を「叩き落とす!」という強い意志を最初から持てるだろうか? 結局のところ、毎年のようにJFL昇格候補と呼ばれながらも勝ち残れなかったのは、ここ一番で勝負弱かったことが原因。それを払拭するためにも、勝って長野に戻りたい。

---------------

●東海リーグ1部
[第3節結果]
5月23日開催
FC刈谷 1-0 鈴鹿ランポーレ
矢崎バレンテ 0-1 マルヤス工業
藤枝MYFC 1-0 藤枝市役所
浜松大学FC 1-6 中京大学FC
※芙蓉クラブは試合なし

[順位]
1位:藤枝MYFC(10pt +8)、2位:FC刈谷(7pt +3)、3位:鈴鹿ランポーレ (7pt +1)、4位:マルヤス工業(6pt -3)、5位:矢崎バレンテ (4pt +2)、6位:中京大学FC(4pt +1)、7位:藤枝市役所(4pt +1)、8位:浜松大学FC(3pt -5)、9位:芙蓉クラブ(0pt -8)

[寸評]
藤枝MYFC、FC刈谷が揃って勝利。刈谷はランポーレを抜いて2位に浮上。優勝を狙う刈谷としては、藤枝MYFCとの得失点差は早い段階で縮めておきたいところであり、攻撃陣の奮起に期待したい。さて、確かな実力を持つ企業チームとして知られる矢崎バレンテが、まさかの連敗。ここからどう立て直してくるだろうか?

---------------

●関西リーグ1部
[第6節結果]
5月23日開催
アイン食品 0-0 三洋電機洲本
ルネス学園 2-3 ラランジャ京都
バンディオンセ加古川 0-2 奈良クラブ
阪南大クラブ 5-0 S.C HIRA

[順位]
1位:三洋電機洲本(16pt +17)、2位:アイン食品(14pt +9)、3位:奈良クラブ(11pt +4)、4位:阪南大クラブ(10pt +6)、5位:ラランジャ(10pt +2)、6位:バンディオンセ(4pt -1)、7位:S.C HIRA(3pt -18)、8位:ルネス学園甲賀(0pt -19)

[寸評]
洲本vsアインの関西首位決戦は互いに譲らずスコアレスドロー。アイン食品としては勝ちたかった試合でのドローで、実質、一歩後退といったところか?

---------------

●中国リーグ
[第9節結果]
5月23日開催
佐川急便中国 0-3 レノファ山口
宇部ヤーマン 3-0 NTN岡山
デッツォーラ島根 5-0 JFE西日本
Volador松江 0-3 岡山NEXT

[順位(暫定)]
1位:レノファ山口(24pt +21、9試合)、2位:VOLADOR松江(18pt +5、8試合)、3位:佐川急便中国(15pt +10、7試合)、4位:新日本石油水島(13pt +3、7試合)、5位:宇部ヤーマン(13pt -3、9試合)、6位:岡山NEXT(12pt +13、8試合)、7位:NTN岡山(9pt -4、9試合)、8位:日立笠戸(9pt -15、8試合)、9位:デッツォーラ島根(6pt -1、6試合)、10位:JFE西日本(0pt -29、9試合)

[寸評]
ここまで健闘してきたVolador松江だが、岡山NEXTに敗れ一歩後退。首位レノファは今節も勝利したため、勝ち点差は6に広がった。それにしても岡山NEXTの実力がイマイチわかりにくい。大勝したかと思えば、コロっと負けてしまうこともあり、やや不安定。次節のレノファ戦の結果が、今後の評価となってくるだろう。

---------------

●四国リーグ
試合なし

[順位]
1位:徳島2nd(13pt +16)、2位:愛媛しまなみ (13pt +11)、3位:カマタマーレ讃岐(11pt +14)、4位:三洋電機徳島(10pt +3)、5位:南国高知FC(5pt -7)、6位:R.VELHO(3pt -13)、7位:黒潮FC(1pt -10)、8位:南クラブ(0pt -14)

---------------

●九州(KYU)リーグ
[第7節結果]
5月23日開催
九州INAX 2-2(PK4-2) MSU FC
川副クラブ 0-1 HOYO
ヴォルカ鹿児島 6-0 海邦銀行
新日鐵大分 6-0 九州総合スポーツカレッジ
※三菱重工長崎は試合なし

[順位(※暫定順位)]
1位:ヴォルカ鹿児島(17pt +19)、2位:HOYO(16pt +9)、3位:新日鐵大分(12pt +7)、4位:九州INAX (12pt 0)、5位:スポカレ(9pt -4)、6位:川副クラブ(7pt -4)、7位:海邦銀行(7pt -6)、8位:三菱重工長崎(3pt -7)、9位:MSC.FC(1pt -14)

[寸評]
首位のヴォルカ鹿児島は今節も6-0と快勝。勝ち点こそ、2位のHOYOとは1差だが、得失点差は着実に広げている。また、スタート時は健闘していた九州総合スポーツカレッジだが、ここにきてやや息切れ。ここは踏ん張って上位争いにもう一度加わってほしい。

---------------

●JFA推薦枠対象チーム
SC相模原(神奈川県リーグ1部)
5月23日
県リーグ1部公式戦 第2節
日本工学院F・マリノス 1-7 SC相模原
※SC相模原は現在2位

---------------

という感じになっておりまして、どの地域も有力チームが前評判通りに上位に名を連ねており、あまり波乱のない展開となっている。そんな中でも東海リーグに関しては、しばらく混戦が続きそうだ。また、今週末はJSC vs パルセイロという、北信越だけではなく、他の地域のチームも注目する一戦が組まれており、非常に楽しみにある。

« 黄金期を迎えた明大サッカー部 | トップページ | 第90回天皇杯・組み合わせ決定 »

地域リーグ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/48470014

この記事へのトラックバック一覧です: 5/23、地域リーグ結果:

« 黄金期を迎えた明大サッカー部 | トップページ | 第90回天皇杯・組み合わせ決定 »