« ツエーゲン、赤星を獲得 | トップページ | 残念、飯山選手が負傷… »

2010年3月28日 (日)

松本山雅、JFL初勝利!

2010JFL 第3節 @西が丘
横河武蔵野FC 0-1 松本山雅FC
[得点者]
90+4分 今井(山雅)

試合は90分を過ぎてもスコアレス。
だがドラマはラスト4分間に待っていた。

連敗スタートとなった山雅・吉澤監督は、連携の取りやすさ、守備のバランスを考え、スタメンをいじってきた。いや、いじったというよりも「戻した」という表現の方が正しいかも知れない。中盤の構成を右に木村、左に大西、ボランチに北村-斉藤を配置した「おなじみ」の構成である。

Img_1903

さて試合だが、山雅が立ち上がりからビッグチャンスを迎える。前半5分、木村のスルーパスから柿本が抜け出し、横河GKと1vs1の場面を迎えるのだが、シュートを外してしまう。横河としては、ここで失点しなかったことで落ち着きを取り戻し、パスを繋いで展開する自分たちのサッカーを取り戻す。すると9分、CKのチャンスを皮切りに、10分・11分・13分と波状攻撃を仕掛け、山雅ゴールに襲いかかる。だが、ベテランGK原がファインセーブを連発し、横河に先制点を与えない。

ここ2試合、早い時間帯で失点し、自分たちのリズムを見失っていた反省から、山雅は守備への意識が非常に高かった。また、ボランチに斉藤を起用したことで、北村との絶妙な距離感を保ち続け、バイタルエリアで相手アタッカーに自由に仕事をさせない。確かにピンチは多かったものの、ボランチを含めた守備陣が踏ん張ることで、横河の攻撃のリズムがややトーンダウン。

Img_1794

すると山雅の攻撃陣も反撃。柿本・木島の2トップが体を張って起点となると、大西、木村の2列目が早い飛び出しを何度も繰り返す。さらに阿部-木村、鐵戸-大西の縦の連携も見られるようになり、試合は互角の展開へと移り変わっていく。

しっかり繋いでサイドに展開する横河。2トップにボールを入れてから展開していく松本。互いの攻撃のカラーが出て、何度も決定機を迎えるのだが、どうしてもゴールが奪えない。ゴール前まで行くプロセスは悪くはないのだが、ともに決定力を欠き先制点が奪えない。

Img_2128

前半はこのままスコアレスで折り返し、後半を迎えるのだが、山雅はまたも開始早々にビッグチャンスを迎える。今度は木村勝太がゴール前で抜け出し、GKと1 vs 1の場面を迎えるのだが、ここでも決められない。その後は一進一退の攻防が続き、互いに惜しいチャンスを何度も迎えることとなる。だが、相変わらず両者とも決めきれないまま時間が経過すると同時に、両チームとも疲労から運動量が低下しだしてくる。こうなると、丁寧に繋いで崩すというよりも、カウンターの応酬となってくる。横河・依田監督はそんな状況を打開するために62分永露→林、64分小山→都丸、67分伊澤→岩田と立て続けに選手交代策に打って出る。

だが横河は、それでも状況を打開することができない。これに対して山雅は、72分木村→石田、78分木島→小林、82分大西→今井という交代のカードを切ってくる。

ここで注目したいのが、交代した選手のポジションと、監督の「策」である。横河が守備的な選手の交代で、山雅は攻撃の選手である。また監督が狙った交代の意図にも大きな違いがあった。横河・依田監督は「選手の疲労と負傷で替えざるを得なかった」とコメントしている。それに対して山雅・吉澤監督は「個で仕掛けられる選手を最後に出すつもりだった」と、勝負を賭けた交代であったことを示唆。切り札を投入することが出来なかった横河、それが出来た山雅。そんなところの差が勝敗の分かれ目になったのかも知れない。

さて、試合は90分を過ぎ、残りはロスタイムの4分間だけとなった。

最後の死力を振り絞り、互いに相手ゴールに迫る攻撃を見せるが得点を奪えない。時間は3分をすでに過ぎており、このままドローからと思われた。だが、最後の最後で吉澤監督の交代策が結果を出すこととなる。山雅自陣からのFKに石田が頭で競り勝ち、このボールに小林が絡み(実はボールには触れてはいない?)、最後は走り込んだ今井昌太が右足でシュート。これが決まって土壇場で山雅に貴重な1点が入る。

Img_2133

しかし、ホイッスルが鳴るまであきらめない横河は、最後の反撃に出る。リスタートから速攻を仕掛け、前線にボールをフィード。横河FW冨岡にボールが入っていれば危険な場面となったが、またもGK原が体を張ってピンチを防ぐ。そしてタイムアップを迎えた…

Img_2166

松本山雅、JFL初勝利の瞬間だった。

以下、吉澤監督のコメント(※一部要約)
決められる場面で決められなかったことには不満が残るが、最後まであきらめずに戦った結果、勝ち点3 を得たことは非常に大きい。最終ラインも最後まで集中を切らさず、チーム一丸となって戦えたことも良かったです。最初の5試合で勝ち点10という目標を立てていたが、連敗でそれが達成出来なくなって残念。だが、勝ち点(1勝)をあげたことで、選手に自信がついたと感じています。負けるのと、勝つでは精神的に全然違いますから…。(目標は達成できなかったが)このまま勝ち点(勝利)を一つずつ積み上げていきたい。今日のようなドローで終わりそうな試合をモノにでき、いい流れになっているのでこれを次節に繋げていきたいと思います。

なんとも山雅らしい劇的な初勝利であった。
さらに、長野県出身の今井が値千金の決勝弾を決めたところもまた劇的。

たかが1勝だが、されど1勝。
この1勝が松本山雅にとって大きな1歩となったはず。
しかし、次の相手は「王者」SAGAWAである。
この試合での自信が、王者相手にどこまで通用するか注目したいところだ。

P3270039

とにかく、初勝利おめでとう。

-3/28 8:55追記-



横河に関してだが、開幕3試合で1勝2敗という成績は、意外というか不満な立ち上がりといえるだろう。この3試合はすべて「昇格組」が相手だったこともあ り、「頂上〜TEPPEN〜」という目標を立てている以上、3連勝でなくとも2勝1分で行きたかったはず。選手の入れ替えはあったものの、昨年からのメン バーの成長もあり、大きな変化がなくとも乗り切れると判断して新シーズンを迎えたが、メンバー構成でやや苦戦している状態だ。



確かにまだ3試合だけなので、メンバーを固定する必要もない。だが、今の横河は「固定できない」といった方が正解かも知れない。依田監督は、3試合とも違うスタメン構成だが? という質問に対して、「今週の練習を見ているなかで、今日のメンバーが『ベスト』と感じたから」とコメントしている。

その発言をする依田監督の表情は「メンバーが揃わない、そして固定できない…」ということを、どことなく感じさせるものでもあった。しかし、(横河武蔵野というチームが)選手生活 だけに重点を置くことが出来ないことは、今に始まったことではない。だからこそ「選手が揃わないこと」に対して、依田監督は敗因としなかった。



試合の組み立て方、パスを繋いで崩していくやり方は、明らかに横河の方が勝っている。誰が出てきても大崩しない点も、さすがに何年もJFLで戦っているチームであると感心させられる。しかし、昨年のように「ここが重要」という場面で勝負弱くなっている点と、決定力不足が気になるところ。指揮官となって4年目を迎える依田監督は、開幕ダッシュ失敗に終わった今、どのように立て直してくるのだろうか? その手腕が試される時と言えるだろう。

Img_1742

« ツエーゲン、赤星を獲得 | トップページ | 残念、飯山選手が負傷… »

JFL」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/47926933

この記事へのトラックバック一覧です: 松本山雅、JFL初勝利!:

« ツエーゲン、赤星を獲得 | トップページ | 残念、飯山選手が負傷… »