« 思わぬ死闘となった準決勝 | トップページ | 必然だった山梨学院大付属高の優勝 »

2010年1月10日 (日)

山梨学院高、頂点まであと1勝

第88回高校サッカー選手権 準決勝
山梨学院大学付属高校 2-0 矢板中央

矢板中央としては、「策」が見事に的中した試合であったが、総合力で山梨学院を上回ることは出来なかった。

試合は山梨学院の司令塔、碓井鉄平に厳しいプレスを掛け、彼のポジションを下がり目にするこに成功。これにより山梨学院は味方同士の距離感が微妙に離れ、これまでのようなパス回しが影を潜めてしまった。まさに矢板の思い描いたとおりの形だった。しかし、それでも個の力で勝る山梨学院は、今度は「縦」からの突破でチャンスを作り出していく。

Img_7800

矢板としては、個の力の差を運動量と戦術でカバーしようとしたが、やはり局面局面では個の力に凌駕されるシーンも見え始め、34分にはエース碓井がゴール前に飛び出しシュート放つ。このシュートはGKに阻まれるが、そのこぼれ球に鈴木峻太が反応。これを豪快にけり込み、山梨が先制。矢板としては、今大会において初めて前半で奪われた得点だった。しかし、その後はすぐに気持ちを切り替えて、前半は1点差のままで終わった。

矢板・高橋監督は「チームの戦い方はしっかり出来ている、後半も自信を持ってやろう。相手よりも動けば絶対にチャンスは来る」とだけ指示して、選手を後半のピッチへ送り出した。すると、前半以上に中盤で激しいプレスを掛け、セカンドボールを奪い、これを素速く縦に展開していく。

Img_7643

後半は完全に運動量で上回った矢板中央。試合を完全に支配して、山梨ゴールに連続攻撃を仕掛ける。だが、山梨学院守備陣は、この手の「縦」や「高さ」を使った攻撃にはすでに今大会で「経験済み」だったこともあり、冷静に対応。さらに後半23分から投入した2年生エース・加部未蘭が、守備面で大きく貢献。本職の攻撃では結果を出せなかったが、相手セットプレーでの対処や、ラストの相手パワープレーでも落ち着いた対応を見せ、短い時間だったが勝利に貢献。

矢板中央としては、素速く縦に展開という形だけではなく、もう少しショートパスを多用して崩すというプランがあれば、もう少し山梨学院守備陣を慌てさせることは出来たはず。その辺の「もうひと工夫」が欲しいところでもあった…。

Img_8001

何度も山梨ゴールに迫るも、どうしても1点が奪えない矢板中央。残り時間があと5分となったとき、山梨学院のカウンターが炸裂。エース碓井はワンチャンスを華麗に決め、値千金の2点目を奪って勝負あり。だがこの試合、山梨学院としては、「らしい」攻撃サッカーを披露することは最後まで出来なかったが、厳しい試合でもしっかり勝ちきることができる「試合巧者ぶり」を十分に見せつけてくれた。

横森監督は後半の相手猛攻に対して「修正がきかなかった」とコメントしたが、相手攻撃に最後まで冷静に対処した選手たち一人一人の成長と、前向きな姿勢を高く評価。そして最後は「今日はほめてやりたい」とにこやかな顔で国立競技場を後にしていった。

Img_8160

これで、27年ぶりに4度目の決勝進出を果たした横森巧監督。
名将、最後の挑戦はいよいよ明日である…

« 思わぬ死闘となった準決勝 | トップページ | 必然だった山梨学院大付属高の優勝 »

高校サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/47257331

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨学院高、頂点まであと1勝:

« 思わぬ死闘となった準決勝 | トップページ | 必然だった山梨学院大付属高の優勝 »