« 全国社会人大会・決勝戦/松本山雅FC vs ツエーゲン金沢 | トップページ | 三菱水島FC、JFL脱退を表明 »

2009年11月 1日 (日)

天皇杯3回戦 大宮アルディージャ vs ベガルタ仙台

J'sのMRは良くも悪くも「大宮目線」だなぁ…と(笑)

もう少し、仙台というチームを見て(知って)書いてくれると、もっと違う見方ができると思いますが、そういう自分も大宮はほとんど見たことがないので、人のことはあまり言えませんが…。

さて、試合の立ち上がりは格上にあたる大宮がまずはペースを握る。かつて湘南でプレーした石原もすっかり「J1仕様」の選手になり、仙台ゴールを序盤から脅かす。さらに石原と2トップを組むラファエルの動きもいい。だが大宮の問題は2列目のドゥドゥにあった。

Img_5144

大宮の攻撃は内田も合わせて、前線4人がめまぐるしくポジションチェンジを繰り返す。これにより仙台の守備に的を絞らせない攻撃を繰り広げるのだが、それと同時にドゥドゥのポジショニングがどうしても、他の選手のコースをつぶしてしまう弊害も生まれていた。

攻めながらもやや窮屈(強引)な展開となってしまった大宮だが、仙台が予想以上に引き気味だったこともあり、試合を優位に進める大宮。しかし仙台もエリゼウ・渡辺のCBコンビがしっかりと大宮の攻撃に対応。20分までは大宮優勢で進んだ試合も、仙台の千葉、冨田のボランチコンビの動きが冴え出すと、その流れは徐々に変化し出す。

しっかりとブロックを形成し、堅い守りから素速いカウンターという持ち味を発揮しだした仙台。こうなるとリャンの存在感が輝きを増し、彼の動きからFKのチャンスを得る。彼の右足から放たれたボールに冨田が合わせるが、一度はポストに嫌われるも、こぼれ球を中島が押し込み仙台が先制。

Img_5000

押されていた仙台にとっては、理想的な形から先制点を奪う。しかし、大宮も慌てることなく丁寧にパスを繋いだ攻撃を続け、36分に内田が左サイドからドリブル突破でペナルティエリアに進入。そこで相手DFが倒してしまい、PKを獲得。これをマトが冷静に決めて大宮が試合を振り出しに戻す。結局前半は1-1で折り返し、イーブンの形で後半戦に突入する。

Img_5031

後半に入っても大宮のポゼッション優位は変わらなかったが、これだけで「大宮優勢」と言ってしまうのは激しく微妙。仙台としては「ある程度相手にボールを持たれる」ということは最初から想定済みであり、仙台としては慌てることではなかったのだ。そして決して守り一辺倒ではなく、関口、リャン、千葉、冨田の中盤が精力的に動き回り、得意のカウンターで応戦。

普段の大宮の試合運びは詳しくはないが、繋ぐ大宮、カウンターの仙台と互いのカラーががっぷり四つに組んだ好試合となる。

そんな中で試合の流れを変えるのは交代選手なのだが、大宮の途中交代で入ったパク・ウォンジェにビッグチャンスが訪れたのである。後半のロスタイム、右サイドを駆け上がったマトはゴール前で完全にフリーとなっていたパクにクロスを上げる。

仙台として、万事休す…と思ったシーンだったであろう。この試合で両チームのチャンスシーンの中で最大の決定機となった場面だが、なんとパクのヘディングはあろうことかゴール上に大きく外してしまい、そのまま後半戦は終了して試合は延長戦へ。

Img_4980

持てども打てどもゴールを上げられない大宮。こうなると試合の流れというか風向きは仙台へとなびいていくもの。延長戦に入ってもボランチ冨田の運動量は衰えず、ベテラン千葉とのコンビで大宮の攻撃の芽を摘んでいく。そして100分、大宮陣内に攻め込んだ仙台は、左サイドで立て続けにFKのチャンスを得る。

続く102分。ペナルティエリアのすぐ外でFKを得ると、ポイントに立ったのはまたもリャン・ヨンギ。狙い済ました右足から放たれたボールはゴールに吸い込まれていき、ついに仙台が勝ち越し点を奪う。

後のなくなった大宮は、藤田を投入するだけではなく、マトも最前線に置く超攻撃システムで来るが、これを仙台が耐えてこのまま2-1で仙台が勝利。

正直、試合を通して「仙台のゲーム」だった気がします。

Img_4939

元々仙台の戦い方は堅い守備から鋭い速攻が定番。大宮石原もその辺を湘南時代から理解して、意識的にサイドに動いてチャンスメイクに徹していたが、フィニッシャーとなる、ラファエル、ドゥドゥの出来がイマイチ。さらに仙台GKの林も当たっていたこともあり、大宮は最後までPK以外でゴールを奪えなかった。

さて、試合後の会見の中で、大宮の張監督はACLが無くなったことについて語っていたが、正直「ACLを目指す」には「時期尚早」としか言えないと感じがした。そして多くの選手が「もったいない試合だった」というコメントを残しているが、これこそ今の大宮の立ち位置を言い表しているのではないだろうか?

本当に強いチームであれば、引いて守るチームに対して圧倒的攻撃力を見せるか、工夫をして攻略するのだが、それが出来ないからこそ残留を争う位置に甘んじているのではないだろうか?逆に、昇格間近の仙台にとっては、来季の戦い(J1での)に手応えを十分に感じさせる試合を見せてくれた。

Img_5283

天皇杯3回戦 @NAC5スタジアム
大宮アルディージャ 1-2 ベガルタ仙台

得点者
27分中島(仙台)、37分マト(大宮)、102分リャン(仙台)

« 全国社会人大会・決勝戦/松本山雅FC vs ツエーゲン金沢 | トップページ | 三菱水島FC、JFL脱退を表明 »

天皇杯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/46647084

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯3回戦 大宮アルディージャ vs ベガルタ仙台:

« 全国社会人大会・決勝戦/松本山雅FC vs ツエーゲン金沢 | トップページ | 三菱水島FC、JFL脱退を表明 »