« まもなく始まる第44回 全国社会人サッカー選手権大会 | トップページ | 高円宮杯第19回全日本ユースサッカー選手権・決勝 »

2008年10月19日 (日)

第44回全国社会人サッカー大会 1日目

始まりました、第44回全国社会人サッカー大会

さて、1回戦の試合結果です。
●東北電力スワンフィールド
バンディオンセ加古川 1-5 ホンダロック
サンクFCくりやま 1-9 Y.S.C.C.

●新潟市陸上競技場
ヴォルカ鹿児島 4-1 伊勢PERSONNA
京都BAMB 1-0 日立栃木UVA

●新潟市鳥屋野運動公園球技場
サウルコス福井 2-3 秋田カンビアーレ
佐川急便中国 3-1 三洋電機徳島

●紫雲寺記念公園多目的運動広場
クラブ・ドラゴンズ 1-0 滋賀FC
長野パルセイロ 1-1(PK4-3) 矢崎バレンテ

●新発田市五十公野公園サン・スポーツランド
V・ファーレン長崎 2-0 静岡FC
町田ゼルビア 1-3 ASラランジャ京都

●新発田市新発田中央公園多目的運動広場
NTN岡山 0-3 NECトーキン
ノルブリッツ北海道 1-3 浜松大学

●新発田市五十公野陸上競技場
J.S.C. 3-0 トヨタ北海道
高商クラブ 0-5 東邦チタニウム

●スポアイランド聖籠
奈良クラブ 0-3 松本山雅
tonan前橋 2-2(PK3-2) 沖縄かりゆし

------------------------------------------------------------------

ということで2回戦組み合わせはこのようになりました。
●東北電力スワンフィールド
ホンダロック vs Y.S.C.C.
FC秋田カンビアーレ vs 佐川急便中国

●新潟市鳥屋野運動公園球技場
ヴォルカ鹿児島 vs FC京都BAMB1993

●新発田市新発田中央公園多目的運動広場
クラブ・ドラゴンズ vs AC長野パルセイロ

●紫雲寺記念公園多目的運動広場
V・ファーレン長崎 vs AS.ラランジャ京都
NECトーキン vs 浜松大学FC

●スポアイランド聖籠
JAPANサッカーカレッジ vs 東邦チタニウム
松本山雅FC vs tonan前橋

さて、全社という大会ですが、あくまでも「社会人」の日本一を競う大会であり、決して「上」を目指しているチームの、地域決勝大会出場枠獲得のための大会ではありません。確かに今では前記の理由や「プレ地域決勝」という捉え方も強いと言えるでしょう。だがこの大会は、やはり「アマチュアの日本一」を決める大会であるからこそ、明日の注目カードには、「FC秋田カンビアー vs 佐川急便中国」を推薦したいと思います。

 純粋アマチュアクラブ対企業のサッカー部という、全国大会らしいカードと言えるこの試合。プロのような華麗なテクニックの応酬を望めないだろうが、自分たちとそれほど変わらない環境の中で生活する選手たちが、日頃の努力の成果を発揮するのがこの大会。プロ以上に身近に感じられる選手達のひたむきなプレーを楽しめるのが、アマチュア(地域リーグ)の楽しみなのではないだろうか? マニアックな楽しみ方と言われそうだが、JFLやJを目指すチーム以外にもおもしろい試合、素晴らしい試合は出来るはず。そんな「あたり試合」に化けるかもしれないこのカードをぜひ注目あれ!

 と、アマチュア大会の在り方を語ってみても、明日のカードではやはり「クラブ・ドラゴンズ vs AC長野パルセイロ」、「松本山雅FC vs tonan前橋」の2試合も気になるところ。予想通り苦戦となった矢崎戦をなんとかPKで勝ち抜いたパルセイロ。その次の相手はタレント軍団・流通経済大学の3軍チームであるクラブ・ドラゴンズだ。例え相手が「3軍」と言えども、そのレベルの高さはよく知られている。パルセイロとしては、少しでも油断すれば足を掬われることも十分に考えられる試合だ。

 そして吉田賢太郎のハットトリックで1回戦を快勝した松本山雅は、「県リーグ」から飛び級でJFL昇格を目指すtonanと戦う。1回戦でベストメンバーを5人温存した山雅。次の相手は「群馬県1部」でありながらも元Jリーガーを数多く揃えるtonanということで、メンバーを再びかえてくることが予想される。こちらも難しい試合となるだろうが、はたして勝負の女神はどちらにほほえむのか? これも注目のカードである。

さて、1回戦ではある部分予想されたこととして、地域決勝大会の出場権をすでに得ているチームが早くも大会を去ることとなった。バンディオンセ、ゼルビア、日立栃木、静岡FC、ノルブリッツ北海道、矢崎バレンテ、沖縄かりゆしの7チームが敗退。特にバンディは主力を温存しての敗退で、正直なところ今日の負けは痛くもかゆくもないと言ったところではないだろうか?

 ただ、昨年Mi-oで全社を制したゼルビアの戸塚監督は、終了間際の2失点で敗れ、その負け方の内容の悪さにかなりご立腹だったらしい。その反面、ホンダロック、トーキン、山雅、tonanの「崖っぷち組」は揃って2回戦へ進出。明日、山雅とtonanが直接対決となってしまうが、ロックとトーキンはかなりの確率で上位進出の可能性がでたと言えるだろう。

まあ、そんなことで、2日目も楽しみな全社。
明日の試合も期待したいところです

« まもなく始まる第44回 全国社会人サッカー選手権大会 | トップページ | 高円宮杯第19回全日本ユースサッカー選手権・決勝 »

地域リーグ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/42833116

この記事へのトラックバック一覧です: 第44回全国社会人サッカー大会 1日目:

« まもなく始まる第44回 全国社会人サッカー選手権大会 | トップページ | 高円宮杯第19回全日本ユースサッカー選手権・決勝 »