« インターハイ2回戦・鹿児島城西vs羽黒高校 | トップページ | JFL後期7節 流通経済大学vsカターレ富山 »

2008年8月 9日 (土)

インターハイ2回戦・市立船橋vs矢板中央

レッズランド・第一グラウンド
市立船橋(千葉第二)3-1 矢板中央(栃木)

◆手が届きそうで届かない名門との差
 1回戦を逆転勝利で飾った矢板中央(以下矢板)の高橋監督は、攻守にバランスの取れた今年のチームに手応えを感じる中で2回戦を迎えた。相手は前回王者の市立船橋(以下市船)であり、試合前には熱い檄を飛ばす監督の姿が見られた。「ここで市船に勝たなければ、いつまで経っても”序列”は変わらない」と、この試合がいかに大事な戦いであるかを選手に語りかける。「名門」に勝って、新しい歴史を築き上げたい監督の気持ちが、痛いほど伝わってくるミーティングが繰り広げられていた。

01yaita
※写真1:試合前の矢板中央のミーティング。監督の熱い檄が飛ぶのであった

 さて今年の市船だが、プリンスリーグでは苦戦が続いたものの、6月末のインターハイ予選では、チームに一筋の光明が差し込むこととなる。これまでBチームだった2年生が急成長を遂げ、レギュラーに抜擢され試合で活躍を見せ、競争が激しくなりチームが活性化されたのである。こうして今大会でも多くの2年生がエントリーされ、春先とは一味違う「市船」として挑んできた。そして市船の中村充考の腕に巻かれたキャプテンマークには「2連覇」と書かれており、こちらも大会に賭ける意気込みを、大いに感じさせるのだった。

04nakamura
※写真2:先制のPKを冷静に決めるキャプテンの中村

 試合はワントップの富山を起点として、2列目の選手が豊富な運動量で動き回り、矢板ペースで動き出す。しかし、ポゼッション、シュート数でこそ市船を上回って見せたが、バイタルエリアでは自由にさせておらず、名門の試合巧者ぶりが徐々に見えてくる。前半の給水タイムを終え、終盤に差し掛かろうとするころには、しっかりと流れを引き戻すところもさすがである。そして26分にカウンターからチャンスを作り、相手ファールを誘いPKを獲得。これをキャプテン中村が決めて市船が先制した。

06yoshida
※写真3:初戦では津工業の監督に絶賛された吉田だが、この日は自由に動けず

 リードを奪われた矢板は全体的に前がかりになり、より攻撃的な姿勢を鮮明にする。だが、青木將英を中心としたディフェンスラインを破ることができず、徐々に焦りの色が見え出してきた。48分には見事なカウンターから追加点を奪い、試合運びの巧さをまざまざと見せ付けるのだった。そんな時、矢板の高橋監督は「とにかく1本(1点)とれば流れは変わる!」と選手を鼓舞しつづける。63分にはその願いが叶ったのか、途中出場の湯澤がゴール前の混戦からオーバーヘッドで決めて1点差に追いすがる。

09tomiyama
※写真4:矢板のエース・富山も厳しいマークの前に沈黙 この1点を奪った直後の66分、市船のDF水野輝が2枚目の警告を受けて退場となり、矢板が数的有利な状況となる。残り時間はロスタイムを入れても6分はあるだろう。同点に追いつくには十分と思われた時間だった。攻撃の選手を次々と投入して攻勢を強める矢板だが、落とし穴は思わぬところに隠されていた。前がかりになりすぎて、相手ゴールキーパーがクリアしたボールに対して、反応したのが前線に一人残っていた市船の鈴木だけであった。ボールは無情にもそのまま渡り、なんなく追加点を奪われてしまい3-1となり勝負はこのまま決してしまった。

10mizuno
※写真5:退場は残念だったが2年生らしからぬ安定したプレーを見せた水野

 試合後の矢板ベンチは、常連校だけが持つ試合運びの巧さに脱帽していた。しかしこの「巧さ」こそ、矢板が熱望していたものであり、勝つことで手に入れようとしていたはず。しかし、今回はその機会を逃してしまったが、貴重な体験は必ずや秋以降に生きてくるはずである。

07wakao_2
※写真6:今大会からゴールを守る若尾。この日はビッグセーブを連発

« インターハイ2回戦・鹿児島城西vs羽黒高校 | トップページ | JFL後期7節 流通経済大学vsカターレ富山 »

高校サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176307/42118280

この記事へのトラックバック一覧です: インターハイ2回戦・市立船橋vs矢板中央:

« インターハイ2回戦・鹿児島城西vs羽黒高校 | トップページ | JFL後期7節 流通経済大学vsカターレ富山 »